« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

'06年01月の一覧

31日 (火) D-LIVE!!
30日 (月) 選べるADSL
29日 (日) インターネットの速度
20日 (金) 電話代の請求
19日 (木) 車が横転
14日 (土) 永谷園のお茶漬け
13日 (金) ペルーの祝日
10日 (火) 4月になれば祝日が
6日 (金) 三田セニョリータ佳子
4日 (水) 年越し(ペルー時間)
1日 (日) 年越し(日本時間)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

D-LIVE!!

 先週金曜、車で事務所に行きました。ペルー初運転です。交通量が減ってから出かけたので5分もかからず到着。普段自転車でしんどい思いをしてるのが嘘のよう。日本ではペーパードライバーだったので、車線が逆なのは気になりませんでした。

 帰りは通勤ラッシュとぶち当たるので他の人に運転してもらいました(超へタレ)。8・18時台がラッシュの時間帯です。

 僕の住んでる区は土日になると車がぐっと減ります。通りによってはゴーストタウン状態。そこで、翌土曜日も車で事務所へ。今度はちゃんと自力で帰宅。一つ大きくなった心境です。

 小さい車のが楽なので、同僚のスターレットと交換しているのですが、度重なる盗難に頭に来たらしく、サイドミラーはガラスをボンドで貼っ付けてあるだけ。角度の調整が利きません。スピードメーターは常に100~120km/hに振れています。給油口はレバーを引いても空きません。ガソリンが切れたらそれを言い訳に乗らなくなるのが今から読め読めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

選べるADSL

 Speedy

 テレフォニカ社のADSLにはいくつかコースがあって、事務所には一番安い「Speedy100」が入っています。

 僕はパンフレットの棒グラフにあった、倍の長さの横棒に惹かれてしまい、「Speedy200」を契約しました。でも使っていて事務所の倍って感じがしません。

 テレフォニカのホームページを見たら、見覚えのある棒グラフがありました。1番安い100が無くなってたりしますが、後は契約時に見せられたパンフレットと同じグラフです。

 クリックして詳細を見たところ、200と400は同じ速さ(128kbps)、600と900と1200も同じ速さ(256kbps)だと判明。メールアドレスが追加でもらえたりする程度の違いです。ペルーにJAROがあったら即訴えたいところです。

 値段の高いコースには公衆無線LANサービスも付いてきます。カフェでモバイル!。でも外でノートパソコンなんか使った日にゃ鉄板で襲われるような気がしたりしなかったり…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

インターネットの速度

 住む所が決まってすぐに手続きしたのがインターネット。自宅も事務所もADSLだったりします。契約から開通までいくつもステップがあったり、待っても待っても工事日の連絡がなかったり、Yahoo!BBが登場したときの混乱を思い出しました。

 今月払った電話代S/.140のうち、通話料はS/.50(1500円)程度。ほとんど電話はかけてないから、物価を考えるとけっこう高いです。ADSLはS/.80強(2400円)かかっています。日本より高いですね。パソコン持ってない人が多いので、値段上げるしかないのかもしれません。

 おかげでインターネットカフェがいたるところにあります。1時間S/.1とかでビデオチャットなんかもできます。

 今計ってみたらうちの回線の速度は0.188Mbpsでした。ISDN(128Kbps)よりは速い、ADSL黎明期の速度です。日本では光ファイバーだったのでだいぶ遅くなりましたが、動画さえ見なけりゃ快適なんで一応満足してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

電話代の請求

 携帯を持っているのでまず使う機会のない、家の固定電話ですが、ここ一週間毎日ベルが鳴っていました。受話器を上げると「お客様、○日付けの請求書をご覧になりましたか?。どうぞお支払いください」と女性の声がします。請求金額もしっかり音声合成で流れます。

 以前旅行に行ってしまい1ヶ月くらい滞納したことがあったのですが、その時なんのペナルティもなかったので、今回も2週間くらいほってありました。

 電話代は通常電話会社の店舗で払います。他にも銀行や大手スーパーのレジでも払うことができます。

 僕が使ってるのはテレフォニカというスペインの会社なのですが、携帯電話やケーブルテレビ、プロバイダもやってるなかなかやり手な印象の会社です。

 今月はS/.140(4200円)に消費税が19%、さらに銀行の手数料がS/.2(60円)かかりました。けっこうしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

車が横転

 大きなブレーキ音のあと鈍い金属音が聞えたので、窓の外を見てみたら、交差点の真ん中で車が横転していました。

 車の向きから察するに、一通の道を逆走してきたようです。事故の一因であろう別の車が路肩に駐めてあります。その車を避けようとして転んだようです。消防車は来ましたが、救急車は来なかったので怪我人はいないようでした。

 それにしても、住宅街のたいして大きくもない道で、どれだけスピードを出したら横転できるんでしょうか。また、目の前にシャーシの裏が丸見えの車があるのに、どうして交差点に入ってきたバスはクラクションを鳴らすんでしょうか。

 クリスマスの前後から近所で小遣い稼ぎをしていた警官たちが、まだその辺にウヨウヨいたので、事後処理は比較的スムーズだったのが幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

永谷園のお茶漬け

 Otyaduke

 日系のお店に行くと永谷園のお茶づけ海苔が売っています。4袋入りで600円くらいしたっけなぁ。当然普通のスーパーでは売っていません。

 先日スーパーで買った鮭を焼き、お茶漬けを作りました。箸とお椀の比率に違和感を持った方、鋭い。ラーメン鉢で作ったのでめっぽう食い出があり、至福のひとときでした。

 いつもパームレスト(キーボードの手前の部分)にどんぶりを置き、液晶を見ながら食べてるんですが、珍しくキーボードにぶちまけてしまいました。

「だーっ、貴重な日本食が…」

 すぐにキートップをバリバリ剥がして基盤を拭きましたが、拭き方がいいかげんだったのか、打ってもいないBが勝手に入力されるようになりました。3日くらいで乾いて元に戻りましたが、次からはもっとちゃんと拭こうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

ペルーの祝日

 ケンタッキーで大量にお持ち帰りをしたら、卓上カレンダーをくれました。それ見ながら今年の祝日を書き出してみます。

  01/01:元旦
  04/13~14:聖週間(移動祝祭日)
  05/01:メーデー
  06/29:聖ぺドロと聖パウロの日
  07/28~29:独立記念日
  08/30:聖ロサの日
  10/08:アンガモス海戦記念日
  11/01:万聖節
  12/08:聖母懐胎の日
  12/25:降誕祭

 1/1と10/8は日曜です。振り替え休日なんて素敵なものはないので、実質1・2・3・9・10月は祝日なしです。官公庁は週休2日+飛び石の間の日を休みにするそうですが、庶民は…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月10日 (火)

4月になれば祝日が

 日曜の夕方、会社に返信せんとあかんメールがあったことを思い出し、慌てて送信。「そろそろ日本は月曜で、仕事が始まる時間やな」とMSN Messengerを見たら、会社のアカウントがオフラインになっていました。

 ん?…。ネットワークのトラブル?、時差の計算間違ったかな、いろいろ考えてましたが…

 ああっ、君らあれか、三連休か!

 休みの日に急いで返信する必要もなかったわけで、プチがっかりでした。ちなみにペルーは4月まで祝日がありません。

 NHKで「功名が辻」の第1話を見ました。舘ひろしの信長が酷かったです。55歳の人に26歳の信長をやらすのはなぁ。

 比べて40歳上川隆也の山内一豊は非常に若く見え、大したもんだと感心しましたが、15歳って設定だと知って愕然。49歳大地真央のお市(13歳)とか、45歳浅野ゆう子の寧々(11歳)もアメイジング。今年一年の唯一の楽しみやったのに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

三田セニョリータ佳子

 年末年始とNHKを流しっぱにしてたので、反省して今ペルーの民放をかけているんですが、聞き覚えのあるテーマ曲が流れたと思ったら「いのち」がやってました。

 20代から60代におよぶ女医の一生を描いた橋田壽賀子脚本のドラマで、赤木春恵や泉ピン子など橋田ファミリーがペルーの茶の間をわかしています。初めて通しで見た大河ドラマ(1986年のやつ)なので思い入れがあるんですが、話忘れまくりなので見ていて楽しいです。

 三田佳子が、宇津井健が、泉ピン子が、伊武雅刀がスペイン語で喋ってるのはかなりな違和感。あと、三田佳子(当時45歳)が「セニョリータ(娘さん)」って呼ばれてるのも違和感。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 4日 (水)

年越し(ペルー時間)

 日本時間だと元旦のお昼過ぎ、14時にリマは年を越しました。0時のちょっと前からフライングで花火がパラパラと鳴り、0時ちょうどからしばらくの間花火の音が連発していました。ただクリスマスと比べると半分もなかったと思います。

 クリスマスは夜通し近所の家の音楽が聞え、エレベータの音や、廊下を歩く足音、子供の声が時々響いていました。その点年越しはあっさりしたものでした。テレビでもカウントダウン番組やってたの一局だけだったと思います。

 ペルー時間の早朝、NHKで紅白が再放送されていました。日本のテレビ番組表にはなかったので、時差を考えた海外向けの再放送みたいです。

 2日に買い物に行きましたが、どこもかしこも普通に営業していました。ここ数日リマは天気が良くて暑いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

年越し(日本時間)

 Toshikoshi1 Toshikoshi2

 でもペルーはまだ大晦日。

 朝4時に目が覚め、5時20分から紅白がスタート。午前10時に年を越しました。今は「新春!いきなり生放送 年の初めはさだまさし」を見ているのですが、窓の外には青空が広がっています。リマは曇り空の日が多く、たまに晴れていても少し霞がかったような薄い青です。これから掃除とかして、あと12時間半したらもっかい年を越します。

 去年(一昨年になるのか?)タイで年を越したときも年越しの瞬間が2回に分散されていまいち気分が盛り上がりませんでした。さて、初詣はどこに行こっかな。あ、神社なんてないですね。教会はいくらでもあるんやけどなぁ。

 さだまさし現在「親父の一番長い日」を演奏中。もうすぐ娘の結婚式の下り。僕は「退職の日」の次にこの曲が好きなんで、ええ感じの年越しになりました。ラッキー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »