« バトミントン大会(トマス杯&ユーバー杯) | トップページ | ペルーの交通事情 »

2006年2月21日 (火)

リマの夏

 夏真っ盛りです。南緯12度なのでよっぽど暑くなるだろうと警戒してましたが、そんなでもありませんでした。湿度が高いので少し動くだけで汗ばみますが、沖を流れるフンボルト寒流のおかげか、毎日の最高気温は25℃前後。雲が陽を遮り、風が吹いていることが多いため、体感温度はもっと低いです。

 さすがに日差しはきつく、車に乗って窓を閉め、日差しだけを受けると、その強さがよくわかります。ハンドルを持つ手がじりじりと焼けます。

 リマの天気予報は簡単で、曇りと言っておけば100%当たります。実際冬の間は2、3回しか青空が見れませんでした。ただ不思議と雨にはなりません。僕はまだリマで傘を使ったことがありません。

 星もまだ見たことがありません。今は日中の60%くらいが晴天ですが、晩は雲が覆います。プラネタリウムソフトで南十字星の位置を確認してあるんですが、影も形もなくて残念です。

|

« バトミントン大会(トマス杯&ユーバー杯) | トップページ | ペルーの交通事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11272030

この記事へのトラックバック一覧です: リマの夏:

« バトミントン大会(トマス杯&ユーバー杯) | トップページ | ペルーの交通事情 »