« ソルとドル | トップページ | ペルーの銀行 »

2006年3月28日 (火)

ユーロとポイント摩擦

 Ryougae

 銀行の前の歩道に、いつもたむろってるおっさんたちがいます。お揃いのベストを着て、手には計算機を持っています。両替屋さんです。金を下ろして出てくると「ドル?ドル?」「ユーロ?ユーロ?」と迫ってくるので煩わしいったらない。

 ペルーの最大の貿易相手国は米国ですが(2004年だと輸出の3割弱、輸入の2割弱を占めた)、観光客目当てでしょうか、おっさんらはユーロも両替してくれます。日本のドル保有高は世界一ですが、ユーロの比率を上げなくていいのかと心配に。

 ところで、僕の銀行口座は通帳レスですが、日本ではおサイフケータイが本格稼働してるっぽいし、お金がどんどんバーチャルになってる雰囲気。いっそドルでもユーロでもなく、航空会社のマイレージが通貨代わりになんないかなぁって。ANAのマイレージとTSUTAYAのポイントが交換できますが、国家間の貿易摩擦みたく、そのうち企業間のポイント交換摩擦が起こるかも。かもかも。ポイント相場が立ってANA高TSUTAYA安とか。

|

« ソルとドル | トップページ | ペルーの銀行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11293019

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロとポイント摩擦:

« ソルとドル | トップページ | ペルーの銀行 »