« ペルーの銀行 | トップページ | 自信家たち »

2006年3月30日 (木)

南米でも使えるシティバンクの口座

 今回渡中南米するにあたり、Citibank(CityじゃなくCitiだったのでびっくり)に口座を作りました。シティバンクには「ワールドキャッシュ」というサービスがあり、日本で預けた円を現地通貨で引き出せます。下ろすだけなら普通のキャッシュカードと変わんないので、これで良かったんですが、なんとなく普通の口座を開設してみました。

 心斎橋の小洒落た店舗を訪ねたら、パーティションで区切られた個室で美人さんが手続きしてくれました。残高が50万円を割ると、口座維持費として月2,100円取られます(1度油断してたら取られた。死ぬほど悔しい)。どうやら小金持ち専用口座っぽいですが、通常の三倍の利子が付いたりはしません。

 その分かなりの使えっぷりで、一緒に持ってきた都市銀行のカードと違い、グアテマラ、パラグアイ、ペルー、どの国のATMでも現地通貨で下ろせました。オンラインバンキングもあって、ネットで取引履歴も確認できるし、とても快適です。

|

« ペルーの銀行 | トップページ | 自信家たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11293075

この記事へのトラックバック一覧です: 南米でも使えるシティバンクの口座:

« ペルーの銀行 | トップページ | 自信家たち »