« 大統領選挙:開票速報 | トップページ | セマナ・サンタ(聖週間) »

2006年4月11日 (火)

大統領選挙:まったり開票中

 日曜の夕方、最初の速報が出た時点で、1位確定の元軍人オリャンタが事務所でお礼の演説。夜、開票率が30%を超えたくらいに2位だった保守派ルルデスの演説が中継されました。決選投票もよろしくと微笑んでます。が、夜中にネットを見たら、元大統領アランとの2位争いが0.72%差に。その後は…

 開票率:オリャンタ,ルルデス,アラン
 58.70%:28.07%,26.37%,25.19%←月曜午前中
 74.49%:29.59%,24.79%,24.96%←午後。ルル3位に
 80.82%:30.25%,24.02%,24.92%←火曜朝。差が拡大

 オリャンタの支持層は貧困層で地方に強く、ルルデスは富裕層支持でリマに強い。アランは…わかんない、その間?。開票作業はリマが早く地方は時間がかかるので、開票率が低い段階でルルデスがもっと票を稼いでいないといけなかった様子。開票率が上がるにつれルルデスの得票率が下がり、アランに抜かれたことからもわかります。うーん、困ったなぁ…。

■追加■
 続き。オリャンタが当選したら、外国企業排斥運動起こって、僕も追い出される可能性が無くもないみたいです。それはそれで面白いからいいか、と思ってますが、下手にアランが勝って、オリャンタが逆ギレしてクーデターとか起したら怖いなぁ、とプチビビってます。よその国の大統領選挙にこんなにドキドキする日が来るとは思いませんでした。
 日本の選挙速報と一緒だと思っていたので、一個前の日記で最初「オリャンタが1位通過し、2位のルルデスと決選投票」って書いてました。で、夜中に新聞社のHP見たら、ルルデスがアランに追いつかれかけてます。びっくりして修正しました。
 70%を超えたあたりから開票率の上がり方が超スローになってきたので、この分だと結果が確定するのは来週かもしれません。

|

« 大統領選挙:開票速報 | トップページ | セマナ・サンタ(聖週間) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11331194

この記事へのトラックバック一覧です: 大統領選挙:まったり開票中:

« 大統領選挙:開票速報 | トップページ | セマナ・サンタ(聖週間) »