« スペイン語は話せるようになったのか | トップページ | 日付変更線を超えて »

2006年4月 5日 (水)

グアテマラへのフライト

 グアテマラ共和国はメキシコの南隣。成田を発ち、機内で暇をかこつこと11.5時間。ここで、あしたのためにその1。長時間のフライトは通路側が吉。僕は運悪く窓側。隣が女性だったので安心していたら(女性はトイレが近いので便乗できる)、おばはん1回しか席を立ちやがらねぇ。えぐり込むようにして打ちたい気持ちに。翌朝話したら愉快なご婦人でしたが。

 その2。飛行機の中はiPodを最大音量にしてもよく聴き取れません。それで聞えたとしても耳に良くない。そこでお勧めノイズキャンセリングイヤホン。周囲と逆位相の音を出し、騒音を消してくれます。6000円は高かったけど効果アリでした。

 ダラスでトランジット。入国審査ではデジカメで顔写真を撮られ、指紋も採取されますが、係員が慣れているのであまり待たずにすみました。ここでその3。アメリカの空港は、トランクにカギが掛かってるとこじ開けます。大事なものは手荷物に入れ、トランクは検査に備えてロックを解除しときましょう。

|

« スペイン語は話せるようになったのか | トップページ | 日付変更線を超えて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11331140

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラへのフライト:

« スペイン語は話せるようになったのか | トップページ | 日付変更線を超えて »