« グアテマラへのフライト | トップページ | グアテマラシティと治安 »

2006年4月 6日 (木)

日付変更線を超えて

 4/1 8:40に伊丹を発ち、飛行機と待ち(ダラスで10時間。死ぬほど暇でした)を合わせると28.5時間でグアテマラシティに到着。現地時間4/1の22時過ぎ。日付は変わりませんでした。15時間の時差の成せる技ですが、1日儲けた気分です。

 逆に帰国するときは1日損します。飛行機に乗り込む時間によっては空白の日ができてしまいます。ただ、これは西回り(太平洋横断)で帰国した場合のことで、東回りで帰れば1日得したまま逃げ切れます。もちろん暦の上だけのことで、身体は体感通りに老いるわけですが。

 「80日間世界一周」にこの東回りの+1日が出てきたのを思い出し、Amazonで検索したら「風呂で読む文庫42 80日間世界一周」がヒット。昔「風呂で読む百人一首」を持っていましたが、プラスチックみたいなのでできていて、ページの端で指がスパスパ切れまくり、湯船がピンク色に染まりました。拭けば取れますが、カビも生えます。その後改良されたのかなぁ。

|

« グアテマラへのフライト | トップページ | グアテマラシティと治安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11331143

この記事へのトラックバック一覧です: 日付変更線を超えて:

« グアテマラへのフライト | トップページ | グアテマラシティと治安 »