« グアテマラでの食生活&トイレ | トップページ | チノ! »

2006年4月25日 (火)

ケツァルテナンゴ市給水施設改善計画

 僕が語学学校に通ったケツァルテナンゴ市は、グアテマラ第2の都市にもかかわらず、上水道がちゃんと整備されていませんでした。各家庭には10リットルくらい入りそうな巨大な飲料水のボトルがあり、定期的に水屋が交換に来ます。

 炊事洗濯には水道水を使うんですが、雨の後など濁った泥水が出てきます。ホームステイ先では、台所のやたら深いシンクに一旦水を貯め、ゴミを沈殿させてから使っていました。

 ちょうど僕の滞在中、日本の援助で水道施設の工事が行われていました(http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/
anken/zyoukyou/h_17/050620_2.html
)。講師曰く、「以前他の国の援助で工事が実施されたが、役人や工事会社が資金を着服して完成しなかった。しかし日本人は資金を出すだけでなく、作業を監視した上、進捗に応じて追加費用を出す。おかげでうまく進んでいる」とのこと。日本政府、なかなかやりますな。講師たちに少しチヤホヤされ、まんざらでもない僕でした。

■追加■
 衣食足りて礼節を知るってのはけだし名言だなと。日本政府ってたいがい援助慣れしてきてんでしょうね。

|

« グアテマラでの食生活&トイレ | トップページ | チノ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11347554

この記事へのトラックバック一覧です: ケツァルテナンゴ市給水施設改善計画:

« グアテマラでの食生活&トイレ | トップページ | チノ! »