« セマナ・サンタ(聖週間) | トップページ | 国籍意識 »

2006年4月13日 (木)

グアテマラの語学学校

 ペルー大統領選現在開票率88.10%。もういいや。さて…

 グアテマラのスペイン語は発音が綺麗でわかりやすいらしく、世界中から語学留学生が来ます。

 僕が通った学校は、ホームステイ代込みで週US$140!。日本で暮らすより断然安上がりな上、食事に語学の授業も付いてきます。授業は8:00~13:00。途中30分休憩がありますが、マンツーマンでずっと西語を喋るので、終わる頃にはヘトヘト。

 週替わりの講師は専業の人とアルバイトの学生がいます。バイトも教授法のレッスンを受けており、指導は的確です。ただ、週によって生徒の数に差があり、毎週仕事にありつけるとは限らないため、大学生の講師の中には進路に悩んでる人も。

 グアテマラの主要産業はコーヒーでしたが、中南米だけでなく東南アジアにも競争相手ができ、下り坂なんだそうです。変わって重要な外貨獲得手段になっているのが観光。語学学校もその一翼として年々盛んになってると講師は誇らしげでした。

■追加■
 授業はわりと大変でした。ほとんど勉強していない状態で行ったので…(して行けって話ですが)。しかも授業中はずっと集中してなあかんし。喋るのに疲れてちょっと余所見します。すかさず「どうしたの?」と聞かれる。それにスペイン語で答えんとあかんわけなので、むっちゃやぶ蛇。しんどかったです。

|

« セマナ・サンタ(聖週間) | トップページ | 国籍意識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11331216

この記事へのトラックバック一覧です: グアテマラの語学学校:

« セマナ・サンタ(聖週間) | トップページ | 国籍意識 »