« ドミニカ人の給料と物価 | トップページ | 大きな数字の読み方 »

2006年5月21日 (日)

ケーブルテレビのアニメ

 ドミニカのCATVでは、日本のアニメがいっぱい放送されてました。テレ東あたりで深夜に流れる、新しめのマイナー作品が輸入されていました。1つ、吹替無し・字幕無しで流れている作品を発見。放送事故ちゃうんか、とビビりましたが、同じ状態でリピート放送もしてました(さすがに深夜)。

 米国製のアニメは、僕が見た範囲では、ポパイの絵でもなく、アメコミの絵でもなく、サウスパークみたいな2・3等身のキャラが多かったです。落書き調だったり、2次元なのに厚みを持たせてあったり、日本のアニメとは違った進化の仕方をしていました。ただ、話は全然凝ってないみたいでした。日本と違って対象が子供のみなのかもしれません。

 ディズニーチャンネルでアメリカの学園ドラマを見たら、「めぞん一刻」三鷹の歯がキラン☆を実写でやってました。実に愉快です。戦隊もののアメリカ版も見ました。ドラマパートが日本のより金かけてる雰囲気でかっこよかったです。

|

« ドミニカ人の給料と物価 | トップページ | 大きな数字の読み方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11395791

この記事へのトラックバック一覧です: ケーブルテレビのアニメ:

« ドミニカ人の給料と物価 | トップページ | 大きな数字の読み方 »