« グアテマラの映画館 | トップページ | スペイン語の学習 »

2006年5月 4日 (木)

海賊版CDと海賊版DVD

 ケツァルテナンゴの市場では、海賊CDが1枚Q10(150円)で売っています。音楽CDをそのままコピーしたCD-Rで、薄いジュエルケースに入っていて、カラーコピーしたジャケットが付いてきます。歌詞カードはありません。

 僕はスターウォーズのDVDを探してたのですが、ちょうどその頃劇場公開してたエピソード3しか売ってませんでした。DVDは1枚Q20(300円)で、トールケースを開けたらCD-Rが入ってました。苦笑しつつ再生したら懐かしのVideoCD。しかも、映画館で撮影したようで、最初のうち人の頭が写っています。ただ、再生ソフトの設定をDolby Headphoneに変えたら驚きの臨場感に。周りの観客の咳や笑い声が聞こえ、ほんとに映画館にいるみたい。最後にみんな拍手してたし、けっこう楽しく見れます。まぁこれをDVDと言い張るのは嘘もいいとこですが。

 ペルーになると海賊DVDが主流になります。若干国力が上なので、DVDプレーヤーが普及しているようです。

■追加■
 IMFの2005年のレポートによると、一人当たりの名目国内総生産(GDP per capita)は、グアテマラUS$1,966、ペルーUS$2,484。ペルーがちょっと上。ついでに見たら、日本はUS$37,566でした(一瞬位取り間違ったかと思った)。まぁ両国とも保護したい自国産のソフトがまだ少ないでしょうから、しばらくはやりたい放題なんでしょうね。

|

« グアテマラの映画館 | トップページ | スペイン語の学習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11347774

この記事へのトラックバック一覧です: 海賊版CDと海賊版DVD:

« グアテマラの映画館 | トップページ | スペイン語の学習 »