« ドミニカの治安 | トップページ | チャンピオンズリーグ決勝 »

2006年5月18日 (木)

ドミニカとアメリカ

 ドミニカは大リーガーを多数輩出する野球大好きの国(全6チームのプロ野球リーグがあるらしい)。そして、次に人気なのがバスケットボール。もう完全に米国文化圏です。1916~1926年まで米軍が占領していた影響なんでしょうか。

 朝、アメリカ大使館の横を通ると長蛇の列に出くわします。VISA請求の人たちだそうです。米大使館はVISA発給の建物とそれ以外のと、2棟に別れているとのこと。さすが大国。

 米のVISAは割と簡単に取れるらしいんですが、犯罪を犯すと即強制送還。ばんばん渡米するがばんばん帰ってきて、おかげで社会不安が増大してるんだそうです。現在アメリカにはヒスパニックというラテン系移民が急増しており、最近黒人の人口を抜いて、米国最大のマイノリティー集団になりました。

 その足でスペイン大使館の横を通りましたが、また長蛇の列。米ほどではないけど、VISAが下りやすいんだそうです。18.4%の失業率(2004年)が渡航者を増やすんでしょうね。

■追加■
 ドミニカの国内リーグはウィンターリーグと呼ばれ、オフ中のメジャーリーガーが参加するらしいです。海が綺麗で冬でも泳げるらしいし、今新婚旅行の行き先として熱いらしいです(海外での宣伝に力を入れてるらしい)。

|

« ドミニカの治安 | トップページ | チャンピオンズリーグ決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11395485

この記事へのトラックバック一覧です: ドミニカとアメリカ:

« ドミニカの治安 | トップページ | チャンピオンズリーグ決勝 »