« 100,000グァラニー札 | トップページ | マテ茶でベジタブル・フリー »

2006年6月18日 (日)

冷たいマテ茶「テレレ」

 Mate1 Mate2

 パラグアイで毎日飲んでいたのがマテ茶。角や木できたグァンパというコップに茶葉を入れ、お湯を注ぎ、ボンビージャというストローで飲みます。このストローがよくできていて、先端に小さな穴がいくつもうがってあります。茶葉を漉しながら飲めるわけです。網でできた茶漉しより洗いやすいし、日本でも普及してほしいと思います。

 パラグアイの人たちは、みんなこのマテ茶キットを持って出歩きます。茶葉はあまり交換せず何度も使いますが、お湯の入ったポットは欠かせません。多くのドライバーが運転中でもチュパチュパ吸い、信号待ちの間にお湯を足していました。

 このマテ茶の習慣はアルゼンチンにもあるらしいのですが、パラグアイ独特なのがテレレ。お湯でなく冷水を使います。僕が世話になった事務所では、仕事中何度も手を止めテレレを飲みながら雑談してましたし、見学させてもらった工場の時間割にはテレレ休憩が組み込まれていました。のどかだったなぁ。

■追加■
 このボンビージャ、ペルーでは見たことないです。あと2、3本買って帰りたいんですが…。日本でも通販で手に入るみたいなんですが、なんかシャクです。とはいえ、パラグアイ近いようで遠いからなぁ。ちなみにリマ・アスンシオン間は2505kmで、大阪・香港間(2464km)より遠いそうです。広いですね、南米。
 昼休みは、雇う側も昼飯食いに家に帰ったりします。全般的にのんびりしてて素敵。

|

« 100,000グァラニー札 | トップページ | マテ茶でベジタブル・フリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11410233

この記事へのトラックバック一覧です: 冷たいマテ茶「テレレ」:

« 100,000グァラニー札 | トップページ | マテ茶でベジタブル・フリー »