« 冷たいマテ茶「テレレ」 | トップページ | アスンシオンの逆舗装 »

2006年6月19日 (月)

マテ茶でベジタブル・フリー

 Mate3

 パラグアイもアルゼンチンと同じ焼肉天国。みんな牛ばかり食べていて、スーパーの肉売り場は迫力があります。そんな彼らの健康を支えているのがマテ茶。ビタミンが豊富で、野菜を食べなくてもマテ茶飲んでりゃOKなんだそうです。アスンシオン滞在時、ベジタブル・フリーに憧れマイキットを購入。最近リマのスーパーでアルゼンチン産の茶葉を発見し、大喜びでまとめ買いし、今も飲んでいます。

 パラグアイのマテ茶で特徴的だったのが、回し飲み。職場なんかだと一組のコップ+ストローを使い、順番に飲んでいきます。躊躇する外国人が多いのか、さっと受け取って飲むとたいてい喜ばれます(僕は一瞬戸惑ったものの、顔に出なかったのでセーフ)。ただ、時々ポットの水が茶色いことがあります。覗くと得体の知れない草や根っこが浮いています。れっきとした薬草で健康にいいらしいんですが、「この色、根っこに付いてた泥…?」渦巻く疑念を押さえて飲んでいました。

■追加■
 薬草入りのテレレは草っぽいというか、青臭いというか…良く言えば草原の爽やかなイメージ。漢方とはまた違った感じでしたが、「駄目」という意味では非常に似通ってました。

|

« 冷たいマテ茶「テレレ」 | トップページ | アスンシオンの逆舗装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11410249

この記事へのトラックバック一覧です: マテ茶でベジタブル・フリー:

« 冷たいマテ茶「テレレ」 | トップページ | アスンシオンの逆舗装 »