« ブエノスアイレス市内観光 | トップページ | 大統領選挙:決選投票とチャベス »

2006年6月 3日 (土)

大統領選挙:決選投票と引き籠もり

 ペルー人の同僚に、「セニョール(東野幸治ではない)はこの日曜何するの?」と聞かれました。毎回「引き籠もる」と返事し、「健康のため散歩でも行きなよ」と諭されます。

 6/4、今週の日曜はペルー大統領選挙の決選投票です。4月の選挙の上位2名、オリャンタ・ウマラと元大統領アラン・ガルシアが対決します。どちらも左寄りなんですが、オリャンタは過激なナショナリストなので、大方の予想はアランの勝利。ただ、元軍人のオリャンタは地方でクーデター未遂を起こした実績があり、負けたらどう出るかわからない、とも。

 西語の先生に「土日は気を付けてください」と忠告されたのもあって、彼に「選挙があるから引き籠もる」と答えたら、いやに真面目な顔で「その方がいい」と頷かれてしまいました。

 ところで、一昨日高級ペルー料理バイキングで、サッカーペルー代表FW、PSVでプレーするファルファンって選手に遭遇。よく知らないけどものすごい選手らしいのでラッキー。

■追加■
 4/9に選挙があり、1・2位の確定が発表されたのが5/3(開票率99.98%)。規定通り1ヶ月後の明日ようやく決選投票で決着が付きますが、なんで開票に3週間もかかったのか謎。

|

« ブエノスアイレス市内観光 | トップページ | 大統領選挙:決選投票とチャベス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11409546

この記事へのトラックバック一覧です: 大統領選挙:決選投票と引き籠もり:

« ブエノスアイレス市内観光 | トップページ | 大統領選挙:決選投票とチャベス »