« 友情の日の大火事 | トップページ | '06年06月の一覧 »

2006年6月30日 (金)

少年野球と相づち

 Yakyu

 パラグアイはサッカーの国ですが、そんな中でも野球をするのが日本人魂なんでしょうか。アスンシオン日本人会が所有する運動場に行ったら、野球のグラウンドがありました。

 Iさん家の息子さんも参加しているので、そのまま少年野球の練習を見学しました。日本のリトルリーグと違い、ラテン育ちのせいかのんびりした印象。例えば、試合形式の練習で攻守交代の場面。走って交代しそうなもんですが、コーチが怒鳴ってもあんまり走らない。個人的には、日本のはキビキビし過ぎててちょっとイヤんな感じで、疲れたらだらける彼らの方が自然で好感が持てたりします。

 不思議だったのが、コーチに対してあまり返事をしないところ。そういえばIさんも、僕が喋るのを無言で聞いていて、聞き終わった後も特に反論がなければ黙ってたりします。たくさんの日系の方と話したわけではないので自信はありませんが、日本語での会話で相づちを打つ習慣がないのかもしれません。

■追加■
 そういえば、英語で「へぇ」ってなんて言えばいいんでしょうか。「ああ」「はい」「なるほど」「そうですねぇ」とか日本語なら単調にならないよう変化を付けて相づちを打てますが、手持ちのボキャブラリーが少ない外国語では難しいです。その辺もあるのかもしれません。

|

« 友情の日の大火事 | トップページ | '06年06月の一覧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11411899

この記事へのトラックバック一覧です: 少年野球と相づち:

« 友情の日の大火事 | トップページ | '06年06月の一覧 »