« アルゼンチンとレディ・ファースト | トップページ | 大統領選挙:決選投票と引き籠もり »

2006年6月 2日 (金)

ブエノスアイレス市内観光

 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスは人口300万以上の大都市で、首都圏人口は1000万人を超えてるんだそうです。南米のパリと呼ばれるヨーロッパ移民の街なので、新しい建物も古い建物もともにシックな印象。皆西欧人種で茶系統の大人しい色の外套を着ています。僕のジャンパーはゴルフ用に買ったオレンジのやつだったので、落ち着かない気分でした。

 タクシーで「ボカ・ジュニアーズ」のスタジアムはじめ、いろんな建物を見ましたが、観光って案内してくれる人によってテーマが変わってくるんですね。ドミニカのおっちゃんは「ここでは何が穫れる」「あそこの土は良い土だ。あの色!肥沃そうだろう?」とひたすら農業系の紹介が続きました。一方ブエノスを案内してくれた女性は「この建物新しくてきれいでしょ」「あそこは古くて落ち着きのあるカフェなの」「このビルは家賃高そうね」とひたすら建物にコメントしてくれました。僕だったらやっぱ日本橋連れてくもんな。

|

« アルゼンチンとレディ・ファースト | トップページ | 大統領選挙:決選投票と引き籠もり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11409543

この記事へのトラックバック一覧です: ブエノスアイレス市内観光:

« アルゼンチンとレディ・ファースト | トップページ | 大統領選挙:決選投票と引き籠もり »