« 地方へ、真っ直ぐな道 | トップページ | 友情の日の大火事 »

2006年6月28日 (水)

天理教の中南米布教

 イグアスへ行ったときのこと。Wさんが天理教の皆さんに紹介してくれたんですが、その文句が「彼は奈良高校出身だから天理の近くだよ」。実際は奈高じゃなくて単に奈良“の”高校なんですが、「天理の近所」効果は抜群で、皆さん何となく感心してくれてる風。これで天大(柔道で有名な天理大学)でも出てようもんなら、どれだけワッショイワッショイされるか。

 そんな皆さんの法被には「イグアス支部」「アスンシオン支部」なんて書いてあって、調べてみたら中南米だとメキシコ、ベネズエラ、コロンビア、パラグアイ、ブラジル、アルゼンチン、ペルー、チリに支部があるようです。天大にはイスパニア語コースやブラジルポルトガル語コースがあったりします。

 今年は教祖(おやさま)こと開祖中山みきの生誕120年祭で、世界中から「おぢばがえり」(天理市へ行くこと)するそうです。イグアスの教会でも会の終わりに告知があり、参加者を募っていました。イグアスから天理市、大巡礼ですね。

■追加■
 天理市内にはやたら宿泊施設がありますが、修養科っていう3ヶ月の研修があって、それ用にも要るからだそうです。地方にある各教会が“詰所”っていうのを天理市内に持っていて、旅館みたいなやつや団地みたいなやつなどいろいろあるらしい。以前車で天理市を通ったとき見たような気がします。

|

« 地方へ、真っ直ぐな道 | トップページ | 友情の日の大火事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11411791

この記事へのトラックバック一覧です: 天理教の中南米布教:

« 地方へ、真っ直ぐな道 | トップページ | 友情の日の大火事 »