« アルゼンチンの食 | トップページ | パラグアイ入国時のトラブル »

2006年6月 7日 (水)

ロマンス諸語

 焼き肉屋でブラジル人が前に並んでたんですが、連れのウルグアイ人がニヤニヤしています。西語とポルトガル語は似ているので、彼らの雑談がだいたいわかるんだ、とのこと。

 語学学校で、仏語ペラペラのトルコ人が、「仏・西・伊・独語は似てるから楽勝」と豪語していました。実際彼女はゼロから始めて2週間で普通に西語を喋れるようになっていました。

 インド・ヨーロッパ語族の一つにゲルマン語派とイタリック語派があり、イタリック語の一つであるラテン語から生じた言語をロマンス諸語(伊・仏・西・葡語等)と呼ぶそうです。また、ラテン語はゲルマン諸語(独・蘭・英語)にも文法や語彙の面で大きな影響を与えたんだとか。実際西語と英語は似た単語がたくさんあります(英station・西estación、とか)。

 西語は主に13C頃のカスティーリャ王国で形成されたため、西語を「エスパニョール」ではなく「カステジャーノ」と呼ぶ人が多いです。最初何のことかわからず混乱しました。

■追加■
 グアテマラに土産としてカステラを持って行きました。ポルトガルから日本に伝わったお菓子で、カスティーリャから名前が来てると説明したら喜んでくれました。カステラは、洋菓子の割に牛乳使ってないおかげで、当時の日本に定着することができたそうです。

|

« アルゼンチンの食 | トップページ | パラグアイ入国時のトラブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11409586

この記事へのトラックバック一覧です: ロマンス諸語:

« アルゼンチンの食 | トップページ | パラグアイ入国時のトラブル »