« 大統領選挙:決選投票とチャベス | トップページ | アルゼンチンの食 »

2006年6月 5日 (月)

大統領選挙:アラン・ガルシア当確

 ちょうど今アラン・ガルシア元大統領が演説しています。当確が出たようです。どのチャンネルも彼が映っています。

 4/9に実施された2つの選挙のうち、大統領選挙の開票率が100%に到達したのは5/6のこと。議会議員選挙に至っては6/3にようやく100%達成。今度の決選投票も同じくらい開票に手間取るかもしれませんが、2択だし、当確は間違いないはず。

 アラン・ガルシアは1949年生まれの現在57歳。1985年、35歳の若さで大統領に当選しました。'90年までの任期中は、テロを抑えられなかったり、年間4桁%のインフレを連発。1990年のインフレ率はなんと7,649%。おかげでペルーは'85年に1,000ソルを1インティに、'91年に1,000,000インティを1ヌエボ・ソル(現行通貨)にデノミしています。退任後は公金横領で訴えられコロンビアに亡命したり。さて今期は…?

 アランの生まれた日を確認しようとWikipediaの英語版と西語版を見たら、もう当確について書いてありました。早っ!

|

« 大統領選挙:決選投票とチャベス | トップページ | アルゼンチンの食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11409565

この記事へのトラックバック一覧です: 大統領選挙:アラン・ガルシア当確:

« 大統領選挙:決選投票とチャベス | トップページ | アルゼンチンの食 »