« 北海道県人会のバザー | トップページ | ワールドカップ 日本対オーストラリア »

2006年6月12日 (月)

ホテル内山田はまるで小日本

 Uchiyamada1 Uchiyamada2 Uchiyamada3

 中南米には日本人旅行者を対象とした「日本人宿」ってのがいくつもあるらしいんですが、アスンシオンの「ホテル内山田」はその中でも有名なものの一つだそうです。僕は旧館の長期滞在者用の部屋に3週間ほど泊まりました。

 館内は日本の団地みたいなんですが(1枚目)、キッチンには炊飯器があり、風呂には浴槽があります。テレビはNHKが映り、LAN回線でインターネットに常時接続できます。

 新館にはジムがあり、ゴルフの打球ルームや卓球台の他、なぜか週刊少年マガジンが2年分くらい置いてありました。24時間1回PYG10,000で使えるコインランドリーもうれしかったです(1万グァラニー≒199円。洗濯物が多いともう少しかかる)。

 しかし、何よりもありがたかったのが朝の和食バイキング。品数は多くないですが、毎朝卵ご飯三昧が可能。昼はIさんが取ってくれる仕出しの和風弁当、晩はホテルの和食レストランでメニューを一つ一つ攻略。食生活は完全に日本でした。

■追加■
 厨房にパラグアイ人女性が1人常駐してますが、こっちの様子なんて見てないですからね。周りの日本人の目さえ気にしなければいくらでもたまごご飯が食べられます。あれはしあわせでした。

|

« 北海道県人会のバザー | トップページ | ワールドカップ 日本対オーストラリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11409777

この記事へのトラックバック一覧です: ホテル内山田はまるで小日本:

« 北海道県人会のバザー | トップページ | ワールドカップ 日本対オーストラリア »