« 西語字幕版「電車男」 中 | トップページ | '06年08月の一覧 »

2006年8月31日 (木)

西語字幕版「電車男」 下

 Densha7 Densha8 Densha9

 ドラマ「電車男」西語版の翻訳家は、日本のあれやこれやに精通しているようです。

 1枚目、脱ヲタを計りプラモデルを捨てる伊藤淳史。「さよなら、ザク」の台詞に対し、「ガンダムのパーフェクトグレード・ザク」と注釈が入ります。PG…(1/60スケールなので1万円程度します)。

 2枚目、「マチルダさーん」とホリケンが叫ぶシーンも「アムロ・レイの感動的な場面の再現」と抜かりなくフォロー。「オデッサ作戦」には当たり前のように「ガンダムシリーズの有名な戦い」と補足が入っていました。

 他にも興味ある訳がいくつか。
  や、山田でちゅ:C... choi Yamada...(本来ならSoy Yamada.なのですが、緊張して舌足らずになった感じが出ています)
  山田殿:Don Yamada(ドンってこういうニュアンスなのか)
  頑張れ!:¡Ánimo!(辞書に載ってますが)
  バンザーイ:¡Hurra!(これも辞書に載ってますが)
  渋谷:「東京の一地区で流行の店で有名。オタクたちには適さない」といやに正確な解説が入りました。
  貴様は日本男児か!:おまえは日本帝国の息子か!と訳されていました。なるほどです。
  大和魂:「ヤマトの魂」と訳され、ヤマトに対して「日本の古名。または第二次世界大戦時の有名な戦艦。連合国に沈められた」と補足。直前の台詞で帝国が出て来たからその線に絞って訳したんですね。細かい。
  プー:「ディズニーのくまのプーさんから」と注釈が入ったんですが、プータローのプーでした。珍しく誤訳です。

 3枚目の画像は伊東美咲が「萌え?」と尋ねてるシーン。これが一番興味あったんですが、「¿Mola?」と訳されてました。molarは「気に入る」って動詞なので、大意は合ってるようです。

|

« 西語字幕版「電車男」 中 | トップページ | '06年08月の一覧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/11708897

この記事へのトラックバック一覧です: 西語字幕版「電車男」 下:

« 西語字幕版「電車男」 中 | トップページ | '06年08月の一覧 »