« いろんな種類のシャワー | トップページ | ヨーグルトとネコ »

2006年10月 3日 (火)

ネットカフェでの日本語入力

 Windows98の場合は、日本語のページを開こうとすると日本語フォントが自動的にダウンロードされます。これで表示はOK。入力したい場合はMicrosoftのHPから入力ソフトをダウンロードします。「Global IME」で検索すればすぐ見付かります。

 WindowsXPの場合、インストールCDにフォントもIMEも収録されてるんですが、CD-ROMは無いかと尋ねても、「今たまたま持ってない」と返ってきます。ノーブランドのPCを買うと海賊版のXPがインストールされているため、誰もXPのCDなんて持ってないわけです。店によってフォントが入ってたり入ってなかったりするので、後者なら諦めて他の店を探しましょう。

 フォント有り・IME無しの場合(ボリビアではこのパターンが多かった)、以前なら文字の多いページを開き、それを切り貼りして文章を作るしかなかったんですが、今は「Ajax IME」(http://www.chasen.org/)があります。ほんと便利なサイトで感謝いっぱい。めちゃくちゃ助かりました。

|

« いろんな種類のシャワー | トップページ | ヨーグルトとネコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/12143586

この記事へのトラックバック一覧です: ネットカフェでの日本語入力:

« いろんな種類のシャワー | トップページ | ヨーグルトとネコ »