« 電子ブック書店 | トップページ | 電子ブックを読んでみて »

2006年10月27日 (金)

電子ブックの貸本制度

 例えば石田衣良「池袋ウエストゲートパーク」(570円)が、Timebookだと315円+ポイント10%です。ただ60日間しか読めません。買い切り制のパピレスでは525円+ポイント5%。

 梅田望夫「シリコンバレー精神」(672円)を買いました。パピレスには無く、パブリで購入。630円でポイント無し。これがTimebookだと367円+ポイント。もちろん権利は60日間だけですが。この本の場合「ロングタイム」と呼ばれる買い切りもあって、それだと630円+ポイントです。

 僕は紙媒体への愛着は多分平気で捨てられるんですが、所有欲に囚われないほど進んだ人間ではないので、貸本形式には抵抗があります。たくさん持ってると気分いいし、僕の場合買った本をすぐ読むとは限らない(積読率7割以上)。ただ、僕は一度読んだ本は滅多に読み返さないし、漫画喫茶も大好きです。個人が大量の本を所有するなんて、しょせんここ何十年かの話で、生まれたときからネットがあるような世代は、安いならレンタルの方がいいと割り切れるのかもしれません。

 Sonyも思い切ったことするなと感心してたんですが、先日発表があったLIBRIéの後継機「Sony Reader」はセル方式で行くそうです。なんじゃそれ。

■追加■
 専門書の中には、デカくて値段が高くて、でもどんどん内容は古くなるものがあります。あの手の専門書は全部加除式にすればいいと思っていましたが、もう本ってパッケージではなく、月払いのデータベースにした方がいいのかもしれないなぁと。
 ただそうするとイラストが問題に。個人ユースの液晶モニタって、大きくなるだけで高精細って方向にあんま進んでくれてない。デジカメ1000万画素でもモニタそれですか?って感じで。早く写真誌がストレス無くデジタルで読める日が来てほしいです。

|

« 電子ブック書店 | トップページ | 電子ブックを読んでみて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/12456563

この記事へのトラックバック一覧です: 電子ブックの貸本制度:

« 電子ブック書店 | トップページ | 電子ブックを読んでみて »