« 日本とペルー間の送料 | トップページ | 闘牛、全体の流れ »

2006年11月25日 (土)

逆ポリアンナ症候群

 Fusible

 リマの暮らしにはいい加減慣れたはずなんですが、思い通りに行かないストレスが澱のように溜っているようで、時々閾値を超えてしまいます。

 やたら好戦的になると言いますか、粗探しをしてしまう。習慣・生活のペースが違うだけで、誰も悪気はないんですが、どうしても「悪かった探し」をしてしまう。

 先週あったアレなことを思い出したら、書ききれなそうなので絞ります。結局馴染んでないんですかね。いずれ日本に帰るし、と思ってるせいなんでしょうか。

  • シャワー(電熱式)を浴びてたら、メーターボックスのヒューズが溶断しました。60Aあるのになぜ。
  • エレベータを呼んでも下りてきません。上の誰かがドアを開けっぱにしてるんでしょう。
  • 旅行の代金を支払ったら、端が1cm切れてたドル札を突っ返されました。ATMで下ろしたのに。
  • バスに乗ろうと合図したら、高速で通り過ぎられました。満員だったみたいですが。
  • 次のバスでは乗り込んでる最中に走り出された上、急ブレーキで転びかけました。
  • ネコがパソコンの電源コードを抜きました。しっかり刺さらないコンセントのせいです。
  • 夕方来るはずの広告屋が来ません。集金の時は浅い時間でも来ます。
  • タクシーはいつも吹っかけてきますが、いい加減値切るのが面倒です。
  • 薬をもらいに病院に行ったら、検査検査で10回通っても欲しい薬に辿りつけません。
  • 診察券を無くしたんですが、再発行手続きで窓口を4つたらい回しにされました。
  • 巡り巡って最初の窓口に戻ってきたら、係員がふてくされながら再発行処理開始。お前できんやんけ。
  • やっと処方箋をもらった薬は、院内の薬局では品切れでした。
  • 近所の薬局でも売ってなかったので、戻って相談したところ、他の薬に替えてくれました。最初から…
  • レストランで水を頼んだら最後まで出てこない。しっかり伝票には載ってました。
  • 帰りのタクシーはかったるかったので言い値で乗りました。運転手がご機嫌で話しかけてきます。
  • 雑貨屋で買い物したら、爺さんが割り込んで注文しました。スーパー行きゃよかった。
  • エレベーターがまた17階から下りてこない。門番に「17階に住んでるのは人間?けもの?」と尋ねたら笑ってくれました。
  • ヒューズを換えたら電気が復旧しました。交換時に思いっきり火花が飛んだのでビビりました。
  • メーターボックスが閉じられません。勝手に開閉できない構造。門番どうやって開けたんだろう。
  • 門番に相談したら、閉めといてやるよと快諾してくれたけど、3日経っても開いたまま。
  • 窓に鳩が溜まってます。すぐ糞だらけになるけど、そもそもなんで窓の外にこんなスペースがあるんですか?
  • 間違い電話の相手に状況を説明したら逆ギレされました。何度言われようがホルヘなんて住んでねぇよ。
  • 地下にある駐車場で車載警報機が鳴りまくってるけど、気にせず寝られるたちで良かったです。

 湯水の如く湧いてきたけど、これでほぼ1日分なんだよなぁ…orz

|

« 日本とペルー間の送料 | トップページ | 闘牛、全体の流れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/12844835

この記事へのトラックバック一覧です: 逆ポリアンナ症候群:

« 日本とペルー間の送料 | トップページ | 闘牛、全体の流れ »