« ネコを釣る | トップページ | ペルー・カトリカ大学付属語学学校 »

2006年12月 4日 (月)

語学学校のクラス分け試験

 Icpna Inipuc

 1年前、語学学校ICPNA(北米文化センター。1枚目)に入り、自転車通学がたるくて一月待たずにリタイアしたんですが、数ヶ月後の帰国に備えて勉強し直すことにしました。普通2年も海外に住んでたって聞くと、ペラペラだと思いますよね。でも実際は旅行会話レベルなわけでして、帰国後周囲の期待と現実の間に深刻なギャップが出るのは必至。これはいけません。

 ICPNAではペーパーテスト+西語面談の結果、12クラス中下から4番目に配されました。一年後、別の学校ですが(INIPUC。ペルー・カトリカ大学付属語学学校。2枚目)、西語の面接を10分くらい受け、振り分けられたのは12レベル中下から5番目。1年で上がったレベルわずか1。全然進歩無し。そしてやたら正確な気がするクラス分けでした。

 面談では今週の予定を聞かれ、「未来形のテストだ!」と気付いて華麗にクリアしたんですが、相談事へのアドバイスを問われ、接続法で答え損ねてゲームオーバー。よくできてます。

|

« ネコを釣る | トップページ | ペルー・カトリカ大学付属語学学校 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/13022337

この記事へのトラックバック一覧です: 語学学校のクラス分け試験:

« ネコを釣る | トップページ | ペルー・カトリカ大学付属語学学校 »