« ペルー・カトリカ大学付属語学学校 | トップページ | 生徒さんいろいろ »

2006年12月 8日 (金)

日本人同士の距離感

 中南米に来る日本人には2通りいるようで、観光・仕事・恋愛が目的の人、語学・外人との交流が目的の人、に別れます。

 前者は、例えば興味が遺跡のみに集中。マチュピチュが長野にあったら楽ちん、なんて考える。このタイプは日本人を見かけると「わーい、日本語話せる」とうれしそうにします。

 一方後者は「え?、なんでこんなとこまで日本人来てんの?(君が歩き方読んでるからだ)」と露骨に嫌そうな顔をする。ツアーで一緒になった白人に嬉々として英語で話しかける。「ここラテンアメリカ。なぜ英語圏行かない」と眺めてると、別のツアー参加者が「あなた中国人?。あそこの彼は日本人よね?。言葉全然違ったりするの」などと尋ねてきます。

 語学学校でも見かけますが、こっちが挨拶したら思いっきり目を逸らす日本人がたまにいます。偶然目が合ったから仕方なかったし、気を遣って西語で声かけたし、なにより人間としてその態度間違ってます。

 とはいえ、僕もボリビア旅行中若い日本人カップルに出くわしたので、ツアーの間ずっと、西語で通してました。高山病で喋るのがしんどかったのと、二人の世界に浸りたいかな、と気を遣ったわけです。終盤ガイドに聞かれて日本人だと答えたら、聞き耳立ててたカップルさん、陰でこそこそ「あいつ日本人だったよ」「ずっとそうじゃないかと疑ってたのよ」と噂してる。僕の対人能力が低いのが悪いんでしょうけど、旅慣れてきたらこの辺の間合いがわかるようになるんでしょうか。

|

« ペルー・カトリカ大学付属語学学校 | トップページ | 生徒さんいろいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/13025770

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人同士の距離感:

« ペルー・カトリカ大学付属語学学校 | トップページ | 生徒さんいろいろ »