« バランコの図書館 | トップページ | ペーニャ、フォルクローレのショー »

2006年12月29日 (金)

日秘会館の図書室

 日秘会館の8Fに図書室があります。日本語の本がたくさん、日本語の絵本や漫画もたくさん置いてあります。漫画は本棚3つ分くらいあったけど、たいがい読んだことありました。

 連載時にちらっと見かけ、南米が舞台だったことを憶えていた漫画「ジパング少年」(いわしげ孝著)を流し読み。これペルーが舞台だったんですね。びっくり。

 1~6巻の奥付に「○○さんよりもらい受ける 2000/9/14 アンティグアにて ジェフ」とマジックで書き込んでありました。7~10巻は「10月 アンティグア」。11~15巻は「友人○○氏よりもらい受ける 2001年1月 キト ジェフこと□□」と記入してあります。日本人やったんかい、ジェフ。

 全15巻がグアテマラのアンティグア、エクアドルのキト経由でリマに漂着したようです。200円と鉛筆で値段が書き込まれた巻があったので、日本でも複数人の手を経てる様子。数奇ですね。

|

« バランコの図書館 | トップページ | ペーニャ、フォルクローレのショー »

コメント

『ジパング少年』、なつかしい!
実際にリマで読むと、臨場感ありますね。
日本は既に大晦日の夜10時をまわっています。
良いお年を。

投稿: すー。 | 2006年12月31日 (日) 22:23

明けましておめでとうございます。
リマでリマが出てくる漫画を読むのはなんだか不思議な気分でした。
今年もよろしくお願いします。

投稿: とど | 2007年1月 1日 (月) 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/13273442

この記事へのトラックバック一覧です: 日秘会館の図書室:

« バランコの図書館 | トップページ | ペーニャ、フォルクローレのショー »