« ボログネシ最終戦 | トップページ | 音楽SNS「Last.fm」 »

2006年12月20日 (水)

観戦中のペルー人たち

 ボログネシ対サン・マルティンの最終戦が始まる前、隣に座るペルー人の同僚Rに好きなチームを尋ねたら、「いいプレイをするチームならどこでも好きだ」とのこと。大好きなフジモリ派の集会をサボってまで草サッカーに行く男です。何か隠してます。

「J(同行したもう一人の同僚)はウニベルシタリオが好きって言ってたよ」
「実は俺もそうだ。ラ・ウーが優勝すればいいと思ってる」

 落ちるの早すぎですが、観戦代をおごった僕に気を遣ってくれていたようです。強引に誘ったけど、家でウニベルシタリオの試合を観たかったのかしれないな、と僕は気になってきました。でも、試合が始まると実に熱心に観ています。「蹴れ蹴れ」、「なんでそっちなんだ」、「#$×※」。だんだん早口かつスラング中心になり、聴き取れなくなりました。

 それでも前半はボログネシを応援してくれてたようなんですが、ラジオを聴いてる奴からの情報でウニベルシタリオが勝ってると知ると、サン・マルティンの応援が混じってきました。「蹴れ!蹴れ!」(サン・マルティンのFWに向かって)、「なんてこったい」(サン・マルティン側が外したシュートに対して)。僕は周りにいるボロのサポーターたちが気になってきました。

 点が入らない展開に業をにやし、Rは「こんなプレイをするチームがコパ・リベルタドーレスに出ちゃいけない」(後期優勝すれば南米版チャンピオンズ・リーグに出れるらしい)、「ラ・ウーならとっくに決めてる」と声高に主張。一応一番値段の高い席なので、周りはまったりした雰囲気でしたが、安い席だったらとてもやめてほしいところ。

 Sanmartin

 サン・マルティンがカウンターで先取した途端、上の階(プレス席?)から「サン・マルティン!サン・マルティン!」とコールが起りました。画像の赤い服(ボロの色)の兄ちゃんが睨んでる先で、安全地帯っぽい。Rも得意げに、「Basura! Basura! Basura!」(ゴミだゴミだゴミだ!)とひどい言い様。

 翌日、Jが僕に手首を見せてきました。青くアザができています。昨日の応援中、手を強く叩きすぎたんだそうです。敬虔なキリスト教徒でいつも温厚なのに…。

|

« ボログネシ最終戦 | トップページ | 音楽SNS「Last.fm」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/13134522

この記事へのトラックバック一覧です: 観戦中のペルー人たち:

« ボログネシ最終戦 | トップページ | 音楽SNS「Last.fm」 »