« Restaurant Huaca Pucllana | トップページ | 書籍市で買った雑誌 »

2007年1月12日 (金)

書籍市とミニチュアブック

 先月の中頃、ミラフローレスのケネディ公園(中央公園の隣)で書籍市が催されていました。仮設テントが3畳くらいで仕切られていて、合計20社くらい出店してたと思います。

 Littlebook1 Littlebook2 Littlebook3

 ミニサイズの本を扱う「Los Libros Mas Pequeños del Mundo」のブースで3冊ほど購入。アルファベットだと小さくても読めるもんですね。極小の2冊のタイトルは「El Pequeño Libro de Oro(金の小さな本)」、「Proverbios(箴言集)」でそれぞれS/.4(148円)です。お土産にするんで開封しませんが、店頭見本は1ページに1文程度で問題なく読めました。

 「El Principito(星の王子様)」はカラーの挿し絵まで入って普通の本と遜色ありません。S/.10(369円)しました。あ、ちょっと開いときづらいのが難かな。ところで右の画像、王子様のポージングがうすた京介風な気がしてなりませんがいかがでしょうか。

 他には絵本専門店、雑誌専門店、大学の出版部などの他、英会話スクールが軒を連ねていました。講師は外国人(多分北米人)で、好きな時間に学校に行き、マンツーマンで授業を受けられるそうです。日本のと一緒ですね。日本だとン十万ですが、こっちはン万円くらいで一桁安いようです。でも、何万円ものお金をこっちで払うことって滅多にないので、とても高く感じました(その点も日本と一緒?)。

|

« Restaurant Huaca Pucllana | トップページ | 書籍市で買った雑誌 »

コメント

すごい素敵ですね。私も欲しいです。
ペルーだと書籍は概して「高い」という感じを持っているので、
10ソルで“読める”なら安いかも。

投稿: すー。 | 2007年1月12日 (金) 04:20

ミニチュアブックは奥が深そうです。日本にも専門店があるそうです。
 ■西洋豆本の店「リリパット」
 http://www.japonica.co.jp/lilliput/
ブックフェアでは他にも楽しそうな豆本が売っていたので、あと何冊か買っとけばよかったなと後悔しています。
確かにこっちって本が高いんですよね。携帯性も高いし、お買い得な気がします。

投稿: とど | 2007年1月12日 (金) 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/13362332

この記事へのトラックバック一覧です: 書籍市とミニチュアブック:

« Restaurant Huaca Pucllana | トップページ | 書籍市で買った雑誌 »