« ミラバス | トップページ | Restaurant Huaca Pucllana »

2007年1月10日 (水)

唐突な遺跡、ワカ・プクジャナ

 Pucullana01

 住宅街に突然現れる遺跡、ワカ・プクジャナ。その唐突っぷりは大仙古墳のようです。入場料はS/.7(261円)。何人か集まったところでガイドさんが案内開始。11:50頃から始まった西語の解説は13:30まで続きました。ガイドのお姉さんも大変でしたが、立ちっぱ歩きっぱの僕も大変。

 Pucullana02 Pucullana03 Pucullana04

 プレインカの遺跡です。インカ文明の前だから、マチュ・ピチュ(16C)よりずっと古い(3~8C。リマ文明)。現在修復中で、上の方で何人かが作業していました。真ん中の画像、縦に積んだ日干し煉瓦が斜めの線を作り、台形が互い違いに並んでいます。これ、耐震構造なんだそうです。

 ブラジルから来た家族、コロンビアから来た家族と一緒に回ったんですが、ブラジル人のガキがやたらうるさい。始終落ち着きなく、挙句ロープをくぐって遺跡に下り、ガイドに制止されました。日本なら親が平謝りの場面ですが、ブラジル夫婦は笑って見守っています。ペルー人ガイドもそんなに怒ってないし、大らかな風景です。

 Pucullana05 Pucullana06

 上に登るとけっこう高いし広い。「ワカ」は神殿の意で、生活空間ではなかったそうです。屋上の広場には黄色い壁が残ってました。オリジナルの色だとか(ちゃんと解説聴き取れてるか自信無し)。

 Pucullana07

 降りてきた時点で1時間経ってましたが、実は仕事中にこっそり来ていたため、僕は帰る気満々。でも敷地内ではリャマやビクーニャが飼われていて、その説明が続きます。なんでわざわざ街中で飼うんだ。クイという食用モルモットも飼っています。柵に穴があったようで、僕の見てる前で一匹逃げ出しました。そして悲劇が。

 Pucullana08

 ペルーの犬種という毛のまばらな犬が、脱走したクイを捕まえました。よく訓練されてるな、と感心したのも束の間、クイ死んでます。ブラジル人のガキがショックで泣き出しました。その肩を叩きながら大笑いするブラジル夫婦。ラテン真骨頂です。

 ■Huaca Pucllana
 http://pucllana.perucultural.org.pe/

 火曜日といくつかの祝日が休み、とのこと。開場は9時から17時。10分で飽きてしまったあとも延々と続く、懇切丁寧な解説がアレでしたが、遺跡自体は一見の価値ありだと思います。

■追加■
 この犬は「ペルービアンヘアレスドッグ」という犬種だそうです。エキサイトの「世界びっくりニュース」で紹介されていました。
  古代遺跡で保護されるペルーの「無毛犬」 | エキサイトニュース
  http://www.excite.co.jp/News/odd/00081169564273.html

|

« ミラバス | トップページ | Restaurant Huaca Pucllana »

コメント

ちょっとほんとにこの写真衝撃的です。なにがって、
ペルーのマスコットが同じくペルーのマスコットを
かみ殺してしまったと言うことに…。
ワカ・プクジャナ、確か前は日本語のガイドがいたんですが…。

投稿: カン | 2007年1月12日 (金) 15:49

僕も目を疑いましたよ。おまえがかみ殺してどうすんねん!と突っ込んでました。
客の少ない日だったのか、日本人はもとより英語圏の客すらおらず、「ガイドはスペイン語でいいよね?」と聞かれただけでした。

投稿: とど | 2007年1月12日 (金) 18:59

ワカ・プクジャナって、以前日本人のガイドがいたんですか?
それ驚き!どこの人がやってたんだろう?

投稿: すー。 | 2007年1月14日 (日) 09:49

ワカ・プクジャナの日本語ガイドは、どうやらペルー人だったようです(タレコミがありました。ありがとうございます)。
今どうなってるかは謎です。いたんなら僕日本語が良かったかな。あ、でもマン・ツー・マンだと聞き流せないからしんどいか。

投稿: とど | 2007年1月15日 (月) 03:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/13352795

この記事へのトラックバック一覧です: 唐突な遺跡、ワカ・プクジャナ:

« ミラバス | トップページ | Restaurant Huaca Pucllana »