« ISBNは9972 | トップページ | Costanera 700 »

2007年1月16日 (火)

ペルー料理とガストン・アクリオ

 Cocinaperuana1 Cocinaperuana2

 僕がとってる新聞「エル・コメルシオ」から、書籍「Las cocinas del Perú」(ペルーの料理)シリーズが出ています。宣伝によると、
  1. クリオージャ料理
  2. セビチェ屋さんの料理
  3. 中華料理屋の料理
  4. 日系の料理
  5. 家庭料理
  6. 屋外の料理
  7. 北部の料理
  8. 南部の料理
  9. 新アンデス料理
  10. 未来の料理
の順に刊行されるそうです。

 トップバッターのクリオージャ(criolla)は「スペイン系中南米人の」って意味です。2番手のセビチェは代表的なペルー料理で専門店がたくさんあります。中華料理もペルーでは大人気で、いたるところに店があります。そして日系料理。世界的に寿司ブームらしいですが、ペルーでも流行っています。ペルーは海の幸山の幸が揃ってる上、土着の料理に欧州、アジアの影響が加わり、とても豊かな食体系だと思います。

 Aventura1 Aventura2

 この本の監修者ガストン・アクリオ(Gastón Acurio)は今ペルーで一番有名なシェフ、というか実業家。ケーブルテレビで「Aventura Culinaria」という番組を持っていて、フラグシップの「Astrid & Gaston Restaurant」はリマだけでなく、ボゴタ(コロンビア)、カラカス(ベネズエラ)、キトー(エクアドル)、サンティアゴ(チリ)にも支店があるそうです。セビチェ屋さんの「La Mar」も大人気だし、「Tánta」というレストランもリマに4軒くらいあります。

 ペルー料理を扱うブログ「mucho gusto perú」のインタビューで彼は、「20年前、世界にメキシコ料理屋は300軒しかなかったけど、今や20万軒を超える。ペルー料理屋も次の20年で10万軒超えるかも」と語っています(英訳もあり)。

 Cocinaperuana3

 去年の新聞記事ですが、ヒルトン東京で7/28(独立記念日)からペルー料理フェアが開催されたそうです。ペルー大使館の肝いりで行われたとかで、日系のシェフが送り込まれました。ペルー大使館が運営する観光情報のサイトでは、ペルー料理レストランのリストがあるので、ぜひ一度ご賞味あれ。

|

« ISBNは9972 | トップページ | Costanera 700 »

コメント

なんか、くくりが面白いですね。
「日系」「新」アンデスとか…。
個人的には全巻本屋で立ち読みしたいです。
南部って、どんな料理が”いわゆる”郷土料理として
紹介されているんでしょうか?
この場合、南部っていうのは、「アンデス」とは別の
costaなのかな、やっぱり?でも、セビッチェも別巻で
あるし…。

投稿: すー。 | 2007年1月16日 (火) 03:50

Thank you for linking to my blog Peru Food, and for promoting the work of this wonderful Peruvian chef.

Domo arigato!

Alejandro
Peru Food

投稿: Alejandro | 2007年1月16日 (火) 05:05

>すー。さん
ここまで分冊するほど多彩な料理があるのかな、と若干疑問を感じますよね。
このシリーズ、何軒か本屋さんを回って探したんですが、エル・コメルシオの会社が販売してて、普通の書店には置いてないんですよ(それで別の本を買いました)。僕も立ち読みしたいんですけどね。
南部料理、クイの丸焼きとかですかね。でもアンデス料理に入っちゃうような気もするし。うーん。

投稿: とど | 2007年1月16日 (火) 07:02

>Mr. Alejandro
Thank you for your kindly comment.
To read English is dificult for me. But it's more easy than to read Spanish.
So, thank you for your translation of that entry from Spanish to English!

投稿: とど | 2007年1月16日 (火) 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/13364474

この記事へのトラックバック一覧です: ペルー料理とガストン・アクリオ:

« ISBNは9972 | トップページ | Costanera 700 »