« 国境越え、タクナ発 | トップページ | タクナのフリーゾーン »

2007年2月16日 (金)

国境越え、アリカ発

 Arica1 Arica2 Arica3

 チリ北端の町アリカは、「la Ciudad de la Eterna Primavera」(常春の街)と呼ばれているそうです。露出をオートにしてたせいで暗く写ってますが、実際は陽光が明るく、視界全体が白っぽかったです。暑すぎず、適度に風もあり、なんだか沸き立つような、浮かれたような気分になりました。

 ペルー領だった時期もあるんですが、ペルー+ボリビアとチリの間で行われた太平洋戦争(1879-1884年)以後、チリが領有しています。画像はサン・マルコス大聖堂、「Morro de Arica」(アリカの丘?)、メインストリートです。岩山は街のどこからでも見えます。大通りの目立つ場所にマクドナルドとブロックバスターがありました。ブロックバスターはアメリカ版TUTAYAで、リマにもあったんですが海賊版に勝てず最近撤退しました。さすがチリ(ペルーより裕福)、まだあるんだと感動。

 Arica4

 タクナのターミナルは屋根付きの大きな建物だったんですが、アリカのターミナルは吹きっさらし。タクナまでの乗り合いタクシーはS/.15(570円)でした。ここもターミナルの使用料S/.1がかかります。あ、ペルーの通貨が使えました。市内のタクシーでは米ドルが使えたため、ペソへの両替はしませんでした。

 促されるまま運転手にパスポートを渡したら、さっさと他の客を探しに走り去ってしまいました。同乗者を集めて戻ってくるまでの20分間、彼の指示通りタクシーの横で待っていましたが、不安でした。ペルーへの入国書類を書くのに必要だったようですが(あと客を逃がさないため?)、横で書き終わるまで見張っといて、さっさと回収すべきでした。最近ペルーへ向かう客が少ないとかで、集めるのに時間がかかったそうです。

 その後、1時間弱でタクナに戻ってきました。日付を変えずに再入国したため入国審査官は胡散臭そうな顔付きをしていましたが、しっかりマックスの90日をくれました。国境は一つのプチ産業だと思います。そのせいもあるのか、リマの空港より甘い印象を受けました。あ、荷物検査も無かった。いいのかペルー。

|

« 国境越え、タクナ発 | トップページ | タクナのフリーゾーン »

コメント

タクナとかアリカとか、気になっているけど一人で行くには”どうかな”シリーズ(笑) のレポートありがとうございます。やはり雰囲気的にはペルーの南海岸のイカとかに似ているんでしょうか。それとももう少し大きくてリマのミラフローレスとか?マックがあるから、むしろ後者?イカはファーストポジェリアは一杯あるけど、外資のファーストフードはなかった気がする。あーテハが食べたくなってきた!

投稿: すー。 | 2007年2月16日 (金) 04:46

アリカの繁華街はミラフローレスほどの規模はありませんでしたが、開放的でより南国っぽい雰囲気でした。イカはバスで通過しただけで、ちゃんと立ち寄ったことないんですよ。バカンスに行くとこって感じなんですかね。
テハはお菓子でしたっけ。甘いものあまり食べないから自信ないです。ペルーのお菓子は甘いのが多いけど、コーヒーや紅茶と食べる分にはいいですね。ただみんなインカコーラと組み合わせて食べてるからわけがわからないです。

投稿: とど | 2007年2月16日 (金) 16:51

確かにイカってリマのオフィス街で働いている方にとっては、「バカンス」なimageなのかも。友人がいるので、1週間以上いたこともあるのですが、自分がそこで働くとしたら何ができるかなぁという感じではありますね。事務仕事の口はあまりないかも???

投稿: すー。 | 2007年2月16日 (金) 22:23

イカに一週間もいたってなかなか珍しいかもしれませんね。日本からの観光客は行かないだろうしなぁ。羨ましいです。

投稿: とど | 2007年2月17日 (土) 02:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/13916658

この記事へのトラックバック一覧です: 国境越え、アリカ発:

« 国境越え、タクナ発 | トップページ | タクナのフリーゾーン »