« IMEが変える日本語 | トップページ | 快適辞書ソフト「Babylon 6」 »

2007年2月 5日 (月)

多言語対応オンラインソフト

 事務所のスペイン語版WindowsXPに、いくつかオンラインソフトをインストールしました。Office同様西語版を使うと為になるんですが、Excelを西語版にしたせいで明らかに作業効率が落ちたので反省しました。幸い普段使ってるソフトの大半は多言語対応だったので、今は日本語でメニュー表示させて使い、帰国時に西語に設定変更してPCを譲れば問題無しです。

 Paintdotnet Inkscape Irfanview

・フォトレタッチ&ペイントソフト
 海賊版のPhotoshopも売ってますが、うちのパソコンには重いので(倫理的にもまずい)、「Paint.NET」を入れました。インストーラーは1つだけで、途中で日本語を選ぶことができます。使用中に「ヘルプ」→「言語」を選べばいつでもスペイン語に切り替えられます。
 GIMPも試してみました。「GTK+」ってのを先にインストールしないといけなかったんですが、その時に、Current UserをJapaneseに設定。バッチリ日本語メニューで使えました。でも取っ付きが悪く、同僚に使い方教えるのが手間過ぎるのでやめました。

・ドローソフト
 「Inkscape」を導入。フリーで敷居も低い方だと思います。メニュー言語の正式な替え方はわかりません。でも「GTK+」を別途インストールしてたので、その付属ツールで変更できました。

・画像ビューア
 「IrfanView」を入れました。本体と一緒に、日本語と西語のランゲージファイルをダウンロード。「Properties」→「Language」で変更できるようになりました。ただし、メニューを日本語化していても、画像のファイル・パス名に日本語が入っていると開きません。

・ブラウザ
 「Sleipnir 2」を入れています。インストール時に日本語を選べば、あとは全部日本語で済みます。多分僕以外使わないと思いますが、もし他の人が使うならインターフェイスを英語に切り替えることができます。

・エディタ
 シェアウェアの「秀丸エディタ」の英語版を入れました。日本語版の画面を思い出しながら設定しました。
 「EmEditor Free」を試したら、インストーラーからメニューから日本語表示でうっとりしました。フリー版はカスタマイズできませんが、秀丸は4,000円以上するのでこれからエディタ入れる人にはお勧めです。

・辞書ソフト
 シェアウェアの「Babylon 6」を入れました。できるだけフリーで環境を整えたかったんですが、重宝しています。設定画面でメニューの言語を変更できます。

・パスワード管理ソフト
 「ID Manager」を使っています。インストール時に「Program Files」を「Archivos de programa」に変え、さらに、フォントの設定を日本語に変更すれば文字化けが解消されました。

 他に、電子ブックリーダーも試しました。「T-Time」「ブンコビューア」は、インストールはできたけど、ファイルを開くと文字化け。PDFは文字化けなしで読めます。国際規格は違いますね。

|

« IMEが変える日本語 | トップページ | 快適辞書ソフト「Babylon 6」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/13582106

この記事へのトラックバック一覧です: 多言語対応オンラインソフト:

« IMEが変える日本語 | トップページ | 快適辞書ソフト「Babylon 6」 »