« 黒物家電 | トップページ | 寄せる荒波、海水浴 »

2007年4月13日 (金)

エレベーターから救出されました

 出た方がいい会合をすっぽかして帰宅したら、罰が当たったのかマンションのエレベーターに閉じ込められました。

 外に連絡するボタンは見当たりません。よく故障するので他の住人は止まってるとさっさと諦めて階段を使います。息苦しさを感じてきました。

 壁に手を這わすと冷たい風を感じます。窒息はなさそう。落ち着いたので携帯を取り出し大家に電話しました。管理人に連絡して開けてくれ、と。

 30分後に無事救出されましたが、天井の白熱灯のせいで室内は暑く、本を読んでる手が汗ばんでいました。井上真央でも乗ってりゃいいけど、1人で待つのは退屈です。

 後日大家から「レスキュー隊員みたいで楽しかったわ」とのん気なメールが届きました。それにしてもこのエレベーター、最近US$25の修理代を払わされたばかりなのにどういうことだ。

 ドミニカで泊まったホテルのエレベーターは、エレベーターボーイが運行していました。日本のデパートでは、自動で動くくせにガールな方が乗ってたりしますが、ドミニカのは本当に乗ってる人が操縦していました。だから、ベテランが操作するとピッタリ止まるんですが、若手がやると10cmくらい平気でずれます。20cmずれて「サー、(足下に)気を付けてください」と忠告されたときは「おまえが気を付けろ」と思いました。

 Elevator

 さて、エレベーターとエレベータのどちらか迷ったので業界団体のサイトを覗いたところ…(上の画像をクリッククリック!)…で、どっちですか?。まぁ基本は「ー」付き、一部の固有名詞のみ「ー」抜きなんでしょうね。

|

« 黒物家電 | トップページ | 寄せる荒波、海水浴 »

コメント

>井上真央でも乗ってりゃいいけど
思わず、でかい声で笑っちゃったじゃないですか!
気分は「道明寺」ですか?

以前ミラフローレスに住む友人の高級アパートに行った時、
エレベーターの箱のほうには扉がなく、各階の壁扉(なんていうんでしょう?うまく言えない)を開ける方式だったことに驚きました。
っていうか、怖かったですね、箱と壁の間の微妙な隙間(笑)。

投稿: すー。 | 2007年4月13日 (金) 02:52

>気分は「道明寺」ですか?
そうです! 実物は松潤には程遠いですけどね…。
ペルーではないですが、僕も箱の方に扉のないエレベーターに乗ったことがあります。壁ぴったりに作ってくれりゃいいのに、やはり隙間が…。そういう旧式のに限って停止時にガクンと衝撃があるんですよね。あれは確かに怖いです。

投稿: とど | 2007年4月13日 (金) 12:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/14485591

この記事へのトラックバック一覧です: エレベーターから救出されました:

« 黒物家電 | トップページ | 寄せる荒波、海水浴 »