« Nakachi | トップページ | 家を探す »

2007年4月18日 (水)

Noriko's

謳っておきながら 日秘会館内の食堂です。館内の左奥にあります。Nakachiと違い、「あれ、ここ入ってよかったのかな。一般客もやってる?」と戸惑わされるムードがありますが、気にしないでください。カルチャースクールの生徒さんなのか、団体客が占領してるときもありますが、奥に個人客用のスペースがあるのでとにかく入ってみてください。

 ■Noriko's(ノリコズ)
 Av. Gregorio Escobedo 803, Jesus Maria
 昼から晩まで。日秘会館開いてるときだったらたいてい開いてます。

 Norikosteishoku Norikostempura Norikosgyoza

 ここも日本食、ペルー料理の双方があります。和食パートは調査のためほとんど食べました。Nakachiよりは若干ですがペルー色が薄いです。天ぷら定食S/.28(1,044円)はゴーヤがOKならお勧め。天ぷらは単体もあります。餃子は普通。

 Norikoskatsudon Norikosyakimesi Norikosyakitori

 カツ丼S/.12はカツの上に卵でとじた野菜が載ります。焼き飯は町の中華料理屋と比べると油控えめで日本風なんですが、米が固めに炊いてあるのでやたら腹持ちします。焼き鳥はネギの代わりに赤ピーマンを挟んでいます。こういう微妙なアレンジが海外で食べる日本食の面白さです。鶏の唐揚げS/.12はささみでがっかり。

 Norikoskareudon Norikosyakisoba
 
 焼きうどんカレーS/.12、というメニューがあったので頼んでみました。汁のないカレーうどんでした。続いて焼きそばを頼みました。出てきたのは焼きうどん。焼きうどんカレーと同じ麺です。最初からメニューに焼きうどんと書いとけばいいのに。Nakachiといいここといいどういうつもりなんだろ。

 Norikosokinawasoba

 その謎が解けたのは沖縄そばS/.10を注文したときです。ソバとうたっておきながらまたUDON!。しかし沖縄というフレーズが引っかかります。帰宅早々調べてみたら、「沖縄そば」は沖縄県の伝統的な麺で、小麦粉100%なんですね。うどんというには堅かったんですが、それも沖縄そばの特徴でした。リマには沖縄の人がたくさん移住しているので、焼きそばとして「焼き沖縄そば」が出てきてたんですね。Noriko'sの沖縄そばは優しい味で、何度食べても飽きず、もう10回以上は頼んでいます。

|

« Nakachi | トップページ | 家を探す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/14699118

この記事へのトラックバック一覧です: Noriko's:

« Nakachi | トップページ | 家を探す »