« 階層化社会 | トップページ | キャンペーンソングの歌詞 »

2007年4月21日 (土)

時間を守ろうキャンペーン

 Campana1

 3月に始まった政府主催の「時間を守ろう」キャンペーン。日本でもニュースになったらしく、僕は日本の知人からその存在を教わりました。正式な名称は「Campaña Nacional por el Respeto y la Puntualidad」(敬意と時間厳守のための国家キャンペーン)だそうです。キャンペーンソング「Respetos Guardan Respetos」(敬意、敬意を持とう)が公式サイト(いきなり曲がかかるので注意)からダウンロードできます。

 そのうちファイルが消されてしまうかもしれないので、こっちにもアップします。権利関係微妙ですけどネットで配布してるくらいだから大丈夫でしょう。

 エル・コメルシオ紙によると、キャンペーン開始の式典は予定より30分送れて始まったそうです。お茶目ですねペルー政府。式典での布告文には、キャッチコピー「ペルー、遅延のない時間」(Perú, la hora sin demora)と一緒に、民主主義社会では皆平等で、人は他の人を敬わないといけない、という趣旨の文章が格調高く書かれていました。また、このキャンペーンは独立記念日まで続き、その7/28に「我々はimpuntualidad(時間を守らないこと)の鎖から独立を遂げた」と宣言するそうです。

 アラン・ガルシア大統領の演説もあり、「時間を守ることは他人を敬うことだ。各人はその人生の所有者で、その時間の所有者だ」と主張。さらに、ペルーの成人1600万人が毎日仕事中に30分待ったら、年間30億時間、50億ドルの損失だと試算してみせたそうです。

 セマナ・サンタの連休中、ずっと国営放送の7ch(TV Perú)をつけっぱにしていました。おかげで何度も同じプロモーションビデオを見る羽目に。下に動画を埋め込んでおきます。探したらあっさり見付かりました。音質が悪いですが、そんな頑張って聴くもんでもなし。

|

« 階層化社会 | トップページ | キャンペーンソングの歌詞 »

コメント

このキャンペーン、まだ続いてたんですね~。私は始まった当日知り、大笑い。翌日早速ペルー人の友人に話したところ、彼女も笑っていました。平和な証拠ですかね?!

投稿: ようこ | 2007年4月21日 (土) 09:09

最近ずっとTV Perúを流しっぱなしにしているので、毎日このビデオ見てます。
僕もペルー人に感想を聞いてみましたが、みんな苦笑いしていました。わかってることなんだから、いちいち声を大にして言うなよぉ、って感じですかね。

投稿: とど | 2007年4月22日 (日) 02:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/14621483

この記事へのトラックバック一覧です: 時間を守ろうキャンペーン:

« 階層化社会 | トップページ | キャンペーンソングの歌詞 »