« ネコ脱走 | トップページ | お手伝いさんがやってくる »

2007年4月 5日 (木)

リマの日本人ストライカー

 4/1(日)、デポルティボ・ムニシパル(Club Centro Deportivo Municipal:直訳すると“市民運動センタークラブ”)対アリアンサ・リマ(Alianza Lima:“リマ同盟”)の試合を観てきました。サッカー・ペルーリーグ前期第10節です。

 会場はエスタディオ・ナショナル(Estadio Nacional:国立競技場)。チケット売り場に並ぼうとしたら、寄ってきたダフ屋がS/.13で売りつけてきました。東側(Oriente)の席で定価はS/.12(444円)。S/.1しか儲けがないので偽造かと思いましたが、一緒にもぎりまで着いていくと言うので信用しました。たいしたボディチェックもなく無事入場。

 Munivsalianza11 Munivsalianza12 Munivsalianza13

 スタンドには応援団が陣取っています。まずは南側の「コマンド・スール」(Comando Svr:南の攻撃部隊)。アリアンサのサポーターで、ペルーで一番有名な応援団だそうです。南の綴りはSurなんですが、宿敵ウニベルシタリオのUを避けてSvrにしている、と知人が教えてくれました。ウニベルシタリオの応援団トリンチェラ・ノルテ(Trinchera Norte:北の塹壕)とライバル関係らしいです。

 僕の座っていた東側には「ロス・デ・オリエンテ」(Los de Oriente:東の人たち?)というこれまたアリアンサの応援団がいました。南北(Popular S/.8)より入場料が高いせいか、コマンドの皆さんと比べ穏やかな印象。

 北側にいた少数派が「ラ・バンダ・デル・バスレロ」(La Banda del Basurero:ゴミ清掃員のリボン)。ムニ(ムニシパルの愛称)のサポーターです。バンダはユニフォームにある赤い斜線を指してるんだと思いますが、泥棒などの一団って意味もあります。掛けてるんですかね。人数が少なくてちょっとさみしげ。

 西側(Occidente)はS/.18もするのでお金持ちの皆さんが大人しく観戦しています。って遠いからよくわかんなかったんですけどね。

 アリアンサのファンはずっと歌っていました。全員で一斉にジャンプしたり、5、6種類の曲を歌い分けたり、とても楽しげでした。ムニのファンは静かでしたが、点を取ると「エチャ・ムニ、エチャ・ムニ」(Echa Muni:決めろ、ムニ!くらいの意味?)と声を合わせて連呼します。

 Munivsalianza21 Munivsalianza22 Munivsalianza23

 試合は前半29分、澤昌克選手(背番号29番)のアシストでムニが先制。昨年タクナのチーム「ボログネシ」でプレーしていた日本人FWです。落ち着いた動きから繰り出したナイスパスに周りの観客も大喜び。これで期待するようになったのか、その後は澤選手の近くにボールが行くたび「チノ」(中国人)コールが起こります。日本人だっての。

 前半終了間際にアリアンサが挽回。そして後半開始早々…。いやぁ、やる男でした澤選手。ジャンプ一番ヘディングで決めました。両こぶしを握り締める澤選手にスタンドは「エチャ・ムニ」コールを浴びせます。

 Munivsalianza41 Munivsalianza42

 しかし試合は後半27分、主審シルビアさん(女性!)のめちゃ微妙な判定でアリアンサが追いつきました。近くにいたアリアンサのファンたちですら、「マジで?」と一瞬戸惑ってから喜び始めていました。そのまま2-2の引き分けで終わったんですが、終了の笛と同時に盾を持った警備員が入場。シルビア嬢はあっという間に人垣に囲まれ、お姫様のように去っていきました。

 Munivsalianza31 Munivsalianza32

 17時開始だったので、後半はライトアップされて高揚感がありました。

 動画です。ムニのオフィシャルHPに埋め込まれてあったので権利関係は大丈夫なんでしょう、多分。澤選手のヘディング、アリアンサの疑惑のゴール、そして澤選手のインタビューが流れますので必見です。

|

« ネコ脱走 | トップページ | お手伝いさんがやってくる »

コメント

「あの女性審判はちょっとなあ」、とわたしが言うと、息子は「おんなだからとって批判する人が多いけど、審判の判断の微妙なところは男女関係ない」と一蹴されました。そうなんだ、性別をよりどころにして批判したらダメなんだと自戒させられました。

投稿: pilsen | 2007年4月 6日 (金) 07:55

息子さんのおっしゃる通り、90分走り回る体力さえあれば、男性でも女性でも関係ないんですよね。
とはいえ、僕もスタジアムで見てる最中は「やっぱり女の人には難しいのかな」なんて考えてました。帰宅してニュースで疑惑の判定のリプレイを見て、「実際はキチンとした判定してたんだな。たいしたもんだ」と感心したしだいです。要自戒、ですね。

投稿: とど | 2007年4月 6日 (金) 09:21

普段サッカーの試合をぜんぜん見ない僕ですが、この日はナカチの食堂でたまたま見ました。ポニーテールの審判が可愛いなあって、そればかりみてました。シルビアちゃんかあ。。。 男に負けずバンバン大きなストライドで走る様、イエローカードをあげるときのピンと伸びた背筋…。今度シルビアちゃん特集をする予定はありませんか?

投稿: カン | 2007年4月11日 (水) 02:14

シルビアさん(Silvia Reyesという名だそうです)は毅然としていて良かったですね。
ごついやつらに抗議されても「私は間違ってませんっ!」キリッて感じで。学生時代は多分生徒会長してますよ、彼女。
遠目にもよく締まった身体つきで、選手たちより摂生してるんじゃないかって思いました。

投稿: とど | 2007年4月11日 (水) 03:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/14491698

この記事へのトラックバック一覧です: リマの日本人ストライカー:

« ネコ脱走 | トップページ | お手伝いさんがやってくる »