« Toshiro's | トップページ | お引っ越し »

2007年4月28日 (土)

「在外」日本人

 Toshiro2

 この分厚い文庫本「『在外』日本人」(柳原和子著)は旅行に持っていくには邪魔っけですが、海外に定住している方にはお勧めです。

 始めのうちはエリート駐在員ばっか出てきて、はいはいご立派ご立派、冷ややかに読み飛ばしていました。ところが程なく沈没系の駄目人間が出てきて共感。夫が駐在で、研究のため、会社の都合でみたく、仕方なく出てきた人ならともかく、自分から積極的に出てきた人ってやっぱりどこかおかしな人が多い気がします。日本に収まらないとも、日本に適応できないとも言えるタイプ。この本にはバリバリ外貨を稼ぐ人も出てくるし、国益?何それって人もたくさん出てきます。その配分が自分の掴んでる印象に近く、僕には落ち着きがいいです。

 『言葉の壁にぶつかります。彼らは周囲がわからない言葉で話していると、皆が自分の悪口を言ってるような気持ちに陥る』(P.171)という下りには、「ああ、わかるわかる、その被害妄想って僕だけじゃなかったんだ」。この、ああ僕だけじゃなかったんだ、っての大事ですよね。本を読む一つの意味だと思います。いろんな人が出てくるインタビュー集なので(40ヶ国65都市108人!)、外で暮らす人なら励まされる箇所が1つはあるはずです。

|

« Toshiro's | トップページ | お引っ越し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/14870311

この記事へのトラックバック一覧です: 「在外」日本人:

« Toshiro's | トップページ | お引っ越し »