« 語学学校に見るお国柄 | トップページ | 握手 »

2007年5月30日 (水)

語学学校の評価法

 レベル6までは前期平常点、後期平常点、試験結果を足して3で割り、70を超えていれば進級でした。レベル7以降になると上の3つにレポートが加わります。4つの平均が70点以上必要。

 講師は毎日生徒を5段階評価していて、0は「休み。話さない」、1は「Sí・Noしか言わない」、2が普通、4が続くようなら上のクラスへの編入を検討するらしい。月の前半ずっと2が続くと前期平常点は70点、4が続くと100点。後期も同様。たまに用事で行けないことがあるので、欠席で減点されるのは衝撃でした。たくさん話せばいいってもんでもないようで、ブラジル人の女の子が「なんで私が80点ないのよ」と講師にくってかかりましたが、「文法的に正確でなかった」とばっさり。ただたくさん話せば有利なのは確かで、押しの強い奴がたくさんいると発言する機会を失い点数が低くなります。ぽつりぽつりと目覚ましい発言するなんて難しいですから。やはり生徒は4人ぐらいが理想。

 期末試験は1時間で、大問5つに別れています。ヒアリング、会話文作成、文法穴埋め、長文読解、作文が各20点ずつです。読解は10の小問にV(Verdadero:正しい)、F(Falso:間違っている)で答えるんですが、僕は毎回10点。サイコロを転がすのと同じなのでとても悔しい。講師によっては細かい文法ミスを見逃すかどうかで下駄を履かせてくれます。おかげで僕は平均70点ジャストだったことが2度あります。答案が返ってくると、合ってるところにチェックマークが、間違ってる箇所に丸が付いているのでいつも寒気がします。

 レポートは西語で書かれた短編小説を読み(翻訳物は不可)、その要約と感想を書きます。提出したそれと、その内容を口で発表した様子が採点され、両者の平均が評価になります。講師お薦めの作家は以下の通り。

 Julio Ramón Ribeyro(ペルー。1929-1994)
  "Los gallinazos sin plumas","Alienación"
 Mario Vargas Llosa(ペルー。1936-。大統領選でフジモリと争った人)
  "Los Jefes"
 Abraham Valdelomar(ペルー。1888-1919)
 Alonso Cueto(ペルー。1954-)
 García Márquez(コロンビア。1928-。ノーベル賞受賞。「百年の孤独」)
 Julio Cortázar(アルゼンチン。1914-1984)

 他の生徒を押しのけて喋ったり、だらだら長い作文書いて提出する奴は糞だと思っていましたが、帰国が近付いてることもあり、これ以上落第で足踏みできません。また、自分の間違った喋り癖や書き癖を訂正してもらえる機会はここしかないんだと今更ながら気付きました。けっこう間違って覚え込んでる活用や名詞の性別があるんですよ。帰国したら学校行く時間なさそうなだけに、お題に則った作文をメールしたら添削してくれる団体ってないかなぁ。ペルー人の知り合いに頼む手もあるけど、いい感じの添削って誰にでもできるわけじゃないんですよね。

|

« 語学学校に見るお国柄 | トップページ | 握手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/15271220

この記事へのトラックバック一覧です: 語学学校の評価法:

« 語学学校に見るお国柄 | トップページ | 握手 »