« バスに乗る人たち | トップページ | 西語学習、有利不利 »

2007年5月27日 (日)

牙をむく語学学校

 1月、12まである内のレベル6をクリアしたんですが、2月は生徒が揃わず休講。3月のレベル7はあっけなく落とされました。4月に仕方なく再履修しましたが、毎日やる宿題がとても新鮮。そりゃ落ちるわ。ただ、10人いた生徒のうち欧米系の4人は高得点で通過しましたが、中国人3人と韓国人1人が落とされました。教え方に問題はないのかと疑問に。一方僕は、試験が前回とまったく同じ内容だったためなんとかパス。同じ問題は手を抜きすぎだろ。でも先月64点だったのが70点になっただけ。なんだそのギリギリは。

 5月の開講日、生徒は僕と中国人の2人だけ。他のみんなは旅行や帰国で登録しなかった模様。講師曰く普通2人だと休講になるそうです。次の週に入ってすぐドイツ人とセルビア人が入ってきました。なるほど事務方の鋭い読みです。生徒数2人の時はひたすら当てられるので息が詰まりましたが、4人だと多少ゆとりがあります。ペアも2組作れるので教科書の課題もなんとか実行できます。課題を解いてる間、講師がそれぞれのノートを覗いて綴りのミスなどを指摘してくれます。これは人数が多いと無理。

 宿題は増えたし、短編を読むレポートまで課されました。さすが後半戦、これまでみたくフラッと行ってぼーっと聞いてるだけでは駄目なようです。

|

« バスに乗る人たち | トップページ | 西語学習、有利不利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/15266854

この記事へのトラックバック一覧です: 牙をむく語学学校:

« バスに乗る人たち | トップページ | 西語学習、有利不利 »