« 鉄格子と警報機を設置 | トップページ | バス事情 »

2007年5月24日 (木)

泥棒が残したサイン

 Signos1 Signos2

 前の事務所にいたとき、外壁に謎のルーン文字が書かれていました。ペルー人の知人に話したら、メールで上の画像を送ってくれました。ファイルの出所は警察で、泥棒たちが下見した際に付ける目印の一覧だそうです。

 1枚目の画像、上の段左から「すぐ帰ってくる」「鍵開いてる」「空き家」。下の段は「警察に注意」「既に泥棒が入った」「盗めるぞ」の意。

 2枚目の画像、上段左から「バケーション中」「女性一人住まい」「目ぼしい物無し」。下「とても良い家」「犬がいる」「何も無い」。

 警察にバレたのでもうこのサインは使ってないと思いますが、女性の一人暮らしは危ないんですね。うちに書かれた文字はリストの中にはありませんでしたが、すぐに消しておきました。

|

« 鉄格子と警報機を設置 | トップページ | バス事情 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/15262128

この記事へのトラックバック一覧です: 泥棒が残したサイン:

« 鉄格子と警報機を設置 | トップページ | バス事情 »