« 握手 | トップページ | そろそろ帰国 »

2007年6月 1日 (金)

お手伝いさん効果

 毎週水・日と来るお手伝いさん。「ペルーでもメイド服売ってんのかな」とよぎりましたが、いかんせん彼女は子連れで来るので雰囲気出ません。

 彼女の料理はどれをとってもやたらいけます。ペルー料理で使う香料のうち、名前はわからないんですが苦手なやつがありまして、それをあまり使わないから口に合うんだろな、と分析。が、ある日ゴミを捨てていて真相が発覚。この油のボトル、こないだ買ったばっかのやつだ!。俺こんなに油飲んでんだ、そりゃ旨いわけだ、とデブ丸出しの結論。見てるとご飯炊くときまで入れてます。でもこれペルー人の同僚に聞いたら当たり前らしく、僕が水だけで炊いたインディカ米より、彼女が炊いたほうが食べやすいです。

 毎回3食くらいに分けないと食べ切れない量を作ってくれます。本人も多いと思っていたそうで、「最初作りすぎたのに文句を言われず、次来たとき全部なくなってて驚いた」。あぁ、死ぬ気で全部平らげましたっけ。大量の作り置きは終盤飽きてきますが、食費が浮くし、何より料理はバランスの芸術なので、彼女の味付けを愛する僕は敢えて一切注文付けないことにしました。油も量もそのままで。

 おかげさまで彼女が来出してすぐ4キロ増えました。俺にとっちゃ誤差、と豪語してたんですが、この調子だと高値安定しそうだったので、最近は余所で食べる量を減らしてバランスを取ってます。

 他にも影響は随所に見られます。まず水曜に学校遅刻しなくなりました。月・火と受講してそろそろサボりたくなる頃合なんですが、「なぜ出かけないの」と訝られるのが嫌なので、しっかり登校するようになりました。日曜も彼女が来るので早めに起きます。幼い娘さんが風邪を引かないよう除湿機で寒さを和らげ、TVを子供向けの37ch「Discovery Kids」に合わせておきます。部屋も整頓しています。掃除機かけるときに邪魔だろな、と脱ぎっぱなしの服なんかをしっかり片すようになりました。

 Empleada1 Empleada2

 フライパンいっぱいのカウサ・レジェナ(Causa rellena:マッシュポテトにささ身が詰めてある)、山盛りになったレジェノス・デ・パパス(Rellenos de papas:ひき肉のコロッケ)。やっぱ多いかな…。

|

« 握手 | トップページ | そろそろ帰国 »

コメント

始めましてEricといいます。ペルーでのお手伝いさんの給料ってどのくらいなのでしょうか?日本の同種の職業、家政婦派遣業やホームヘルパーの給料と比較したいのでよろしくお願いします。

 在日ペルー人の自助組織の中で、ホームヘルパーの資格をとって日本で働きましょうという、宣伝をしておりまして・・・ペルーの同種の職種と日本のホームヘルパーの賃金(日本でも最低賃金+α)を比較したいと思います。

 というのも円安・ペソ高に相場が動いている中で、どの程度、ペルーと日本の所得格差が狭まって、どのペルーでどの階層に属する人までが日本に出稼ぎに来るメリットがあるのか確かめたいからです。

投稿: Eric | 2007年11月30日 (金) 22:42

Ericさん初めまして。
8~12時の4時間に対し、1回S/.25ずつ払っていました。週に2回来てもらっていました。
知り合いのペルー人に相談し、お手伝いさんの一日の相場がS/.50と聞いていたので、上の値段にしました。

投稿: とど | 2007年12月 2日 (日) 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19726/15320222

この記事へのトラックバック一覧です: お手伝いさん効果:

« 握手 | トップページ | そろそろ帰国 »