2007年5月21日 (月)

ハンターネコ

 引っ越し時に家具をバラしていると、裏から小鳥の死骸が出てきました。ネコがハントしてきたものです。計3羽落ちていました。

 荷物を運び出した後の事務所を掃除していると、鳥の鳴く声が聞こえます。やけに近い。隣の部屋を覗くとネコが4羽目と闘っていました。窓の隙間から咥えて戻ってきたようですが、まだ鳥は元気です。ただ羽の一部を損傷したようで、窓を開けてやったのにその高さまで飛べません。ネコは部屋の中を低空飛行する鳥にビビりつつも、ヒット&アウェイで少しずつダメージを与えます。叱りつけようと思ったけど、叱る理由がありません。「食べないものを殺しちゃ駄目だ」なんて畜生に通じるはずない。

 新事務所への搬送時は、ずっと僕が抱いていました。ギャーギャーほたえていましたが、やがて諦めて大人しくなりました。反対に鼓動が大きく、速くなっていき、しがみつくネコの爪が腕に食い込みます。このまま気絶するんじゃないかと心配でした。着いてすぐ倉庫に解放したんですが、ベッドを置いてやった小部屋でぶるぶる震えています。怖い目に遭った記憶が尾を引いて、1週間くらい僕を見るとダッシュで逃げました。

 そんな中でも狩りの本能は忘れません。毎日餌をやりに行くとベッドの周りに茶羽根の御器被りが落ちています(片仮名で書いたのを見るのすら嫌)。スペイン語でクカラチャ(cucaracha)。ネグラ(negra:黒)とロハ(roja:赤)がメジャーで、日本の茶を彼らは赤と呼びます。可愛い猫パンチで、このムニっとした肉球で奴等を捕まえるのか思うとゾッとしますし、死骸(しがい)を片付けるのも苦痛なんですが、初めてネコの趣味と僕の利益が合致した気がします。人類は無駄に猫を飼ってきたわけじゃなかったんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 8日 (日)

セマナサンタ、ネコの受難

 4/1~8はセマナ・サンタ(聖週間)でした。今年は4/8が復活祭ですが、「春分の日の次の満月の次の日曜」と定義されてるため毎年日付が違います。移動祝祭日ってやつです。

 4/5は「聖木曜日」(Jueves Santo)、「最後の晩餐」(Ultima Sena)の日で祝日です。翌「聖金曜日」(Viernes Santo)はキリストが磔になった日でこれまた祝日。テレビではずっと各地のお祭りの様子や、キリストの生涯を描くドラマが放送されていました。

 「聖土曜日」(Sabado Santo)は暦の上では普通の日です。ただ、キリスト埋葬の日であり、別名「栄光の土曜日」(Sabado de Gloria)といい、さすがに働きましょうとは言えませんでした。日曜と繋げて4連休ですが、事務所で飼ってる猫のため僕だけ出社しました。丸2日ほっといたんですが、これは新記録です。いつも連休には誰かしらが餌をやりに行ってましたから。

 Nekosemanasanta1 Nekosemanasanta2 Nekosemanasanta3

 いつも以上に人気のない土曜でしたが、バスは普通に走っていました。事務所に近づくと、閉じ込めている2Fのトイレの窓からネコが首を出しています。換気用の小さい窓です。ミャーミャーと誰にともなく呼びかけています。写真を撮る僕に気付き、火がついたように鳴き出しました。近所迷惑です。すぐに事務所に入り開放してやりました。

 空になったキャットフード入れがひっくり返っています。食べるものがなくなって捜索しまくったんでしょう。セマナ・サンタ後半は、肉は避けて魚や野菜、特にツナ(atún)を食べるそうです。そこで僕もツナ缶を買ってきてネコにプレゼントしました。が、ネコ見向きもしません。安物を買ってきたのが気に食わないようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年4月 1日 (日)

ネコ脱走

 Lavarneko Escapedeneko

 事務所には冷暖房がないので、夏の暑い間に一度ネコを洗っておきました。他の猫同様水が嫌いらしく、恐ろしい勢いで暴れ、僕は腕を負傷しました。誰も捕まえておけなかったのでホースで水をかけ、ショックで魂を抜かれたところを押さえ込んでシャンプー。ちなみにシャンプーは子供用の目に入ってもあまり痛くないタイプを選ばせていただきました。

 暴虐な飼い主に嫌気がさしたのか、数日後ネコは庭から隣家へ脱走しました。同僚たちの心配をよそに、窓を開けておいたら夕方腹を空かせて戻ってきました。

 最近では夕方出かけ、朝誰かが出社して開けたところへ入ってくるそうです。すっかり種本来の夜行性に戻り、昼間はずっと寝てるので、眺めてると相変わらず可愛いんですが、いたずらが減ったので少し物足りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

猫用トイレの砂

 Nekoarena1 Nekoarena2 Nekoarena3

 最初は一番安かった5kgでS/.13.2(498円)の「MITZI」を試しました。よく水を吸うので便利ですが、見た目めっちゃ普通の砂です。袋に100%ナチュラルって書いてます。それってその辺の砂?…。「高級」とも書かれていたので、選び抜かれてるんだと思いますが、わざわざ金出して買うのは悔しい。僕が欲しいのは科学の力で抜群の吸収力を誇るやつです。

 続いてペットショップで買ったのが2kgでS/.14のアルゼンチン製。5リットルって目立つように表示してるのが卑怯かもしれませんが、重けりゃいいわけじゃないのでOKです。

 最後に試したのが、知人に薦められた「KlinKat」。5kgでS/.16.8もしましたが、粒が細かく、見事に吸って固まります。ただ、固まる分減り方が激しいため、ペルー人の同僚に「もったいない」と非難されました。「乾かして再利用できるよう、粒の大きいやつを買いなさい」との指示を受け、今は2番目のに戻っています。まだ再利用はしてませんが、そこそこ吸うわりに減りは少ないです(吸い切れない分多少臭うけど)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

馬鹿ネコは眠らない

 Hiza1 Hiza2 Hiza3

 明けましておめでとうございます。といってもリマはまだ大晦日の夕方。朝紅白を見た後、ネコの世話をしに事務所に来ました。

 この猫、買い始めた頃は僕に懐きまくりだったんですが、今は主に同僚に懐いています。ドライキャットフードや水の補充、トイレの掃除は僕がしてるんですが、しょせん畜生なのでわかっちゃいない(その理不尽さ故、山猫先生にスナイプしてもらいたくなる瞬間も)。同僚は時々生タイプのキャットフードを手ずからやるので、ネコのハートはわしづかみです。

 フィクサーにありがちな、ネコを撫でながら指令ってのに憧れてるんですが、ネコは同僚の膝の上でしか眠りません。同僚の足は長く、痩せているので太ももは平ら。ネコが寝るのに適しています。一方僕は足が短く、髀肉之嘆を囲ってるところに腹も出てる。物理的に寝るスペースが無い。

 さらに、僕は猫が寄って来ると大喜びで触ってしまいます。ネコにとってはいい迷惑。かといって触らないなら猫を飼う意味自体なく、激しいジレンマに陥っています。とりあえず、僕もネコが喜びそうなおやつで機嫌をとることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

ネコ、邪魔

 Nekojyama1 Nekojyama2 Nekojyama3

 実家の猫は、新聞を読もうとするとその新聞の上に寝そべります。これは猫全体の性質なんでしょうか、僕が経費の精算をしようとしたら、事務所のネコが、広げた領収書の上に寝そべりました。僕が席を外すとすかさず椅子を占拠します。

 当初はキーボードを平気で踏んでいたネコも、ようやく避けて通ってくれるようになりました。でもたまに踏む場合は、エンターキーやスペースキー、PageUpあたりのクリティカルなキーを踏んでくれます。

 落ちてる小物はすべてネコパンチ。転がるものだとそのままドリブルに持ち込みます。少しずつ知恵が付いてきたとみえ、机上の鉛筆を床に落とし、そのままドリブル。鉛筆は必ず筆立てにしまうようになりました。片付くからいいんですけど。

 同僚たちと車座で話してたりすると、ちょうど全員の視線が落ちる辺りにやってきて寝そべります。「僕を見て!」ってアピールなんでしょうか(うちのネコは可愛いけど雄)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

ネコを釣る

 Pescarneko1 Pescarneko2 Pescarneko3

 ネコは僕を親かなんかと勘違いしてるのか、どこにでも付いてきます。トイレにまで入ってきます。トイレでは暇なので、喜んでかまってたんですが、やつがトイレットペーパーを引き出すという遊びを憶えて以来、入れないようにしています。

 たまにネコが遠くで遊んでいると、なんでこっちに来ないんだと不満を感じます。そこで、伸縮性のある布の紐に、鈴を付けてみました。

 遠くにいても、鈴を鳴らすと走ってきます。撫でたいときはこれで呼び寄せると机の上まで登ってきます。これは楽ちん。

 ところで、昔やってた魚釣り漫画「グランダー武蔵」では、釣った瞬間「フィーッシュ!!」と叫んでましたが、今でも釣り人の間で流行ってるんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

猫用玩具の末路

 Neko_toy1 Neko_toy2 Neko_toy3

 バネの先にネズミの人形が付いた猫じゃらし。2週間もたたないうちにボロボロになりました。この写真だとまだ中のプラスティックが見えてる程度ですが、その後完全にバラされてしまい、ある朝床に白い皮と黒い芯が落ちていました。

 うちのマンションの前にペットショップがあります。鉄格子がかかっているので入ったことなかったんですが、外から覗いてたら入れてくれました。防犯用の格子が付いている店は他にもたくさんあり、どこも入り口で誰何されます。その店「Top Animal」は獣医も兼ねているそうなので、心強いです。

 スーパーで新しいおもちゃを買いました。ゼンマイで自走する…はずだったんですが、自重を支えきれないようで少しも走らない。S/.14(510円)もしたのにひどい。

 鉄のブラシでたまに毛繕いしてやるんですが、わりと気持ちよさそうにします。でも、爪研ぎを兼ねたボール(S/.3.9。142円)は見向きもしません。会心のアイデア商品だったのに。

■追加■
 もう立派な成猫です。数ヶ月前の写真と比べると可愛さダウンですが,それでも十二分に可愛いので問題なしです。
 始めのうちこそ僕の腕や足を傷だらけにしていましたが、最近はそうでもなくなってきました。もしかしたら、爪を立てなくてもジャンプして一気に膝に登れるようになったせいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

ヨーグルトとネコ

 Yogurt1 Yogurt2 Yogurt3

 NHKで「クイズdeなっとく!納豆&ヨーグルト徹底活用術」って番組を見ました。ヨーグルトすごいっす。毎日食べなきゃ駄目!。さっそく昼飯をヨーグルトに変えました。

 コーンフレーク付きのが売っていて、放り込んで食べます。付属の折り畳みスプーンが秀逸。量は10個くらい食べれば足りそうなんですが、糖分採りすぎなので難しいところ。

 コーヒー味も買いました。味は普通にヨーグルト。でも後味がコーヒー。ヨーグルト好きのネコが残しました。まぁさっき缶詰食べてたし、お腹いっぱいなんでしょうね。

 猫は満腹すると突然食べなくなる。残すのMOTTAINAI、と言って食べ続けるのって、人間だけなのかも。過食って人間的=文化的=高級な行為かも。去ってゆくネコを見て優越感に浸ってたんですが、口直しに水のボトルを開けたらダッシュで戻ってきました。別のものにありつけると思ったようです。コーヒー味は不味かったってことかい?。「にゃー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

ネコの一日

 Neko1day1 Neko1day2 Neko1day3

 事務所で飼っている猫(名前はネコ。雄)は、もらってきた当時の子猫から、普通サイズの青年猫に育ちました。

 朝、先に来た人間が部屋から出します。しばらくは彼らの周りをうろちょろしているようです。僕が出勤して来ると、足元へ猛ダッシュしてきたり、階段を登ると全速力で追ってきたりします。どうです、この猫好き垂涎のシチュエーション。

 僕が座ると机に乗ってきて、左手に絡みついて寝始めます。しばらくは右手だけでできるメールチェックなどをしてますが、そのうち文字を打つことになり、手を引き抜きます。諦めたネコは作業する僕の横で寝ています。

 2時間くらい寝ると狩りの時間。興奮状態でいろんなものを追っかけ、疲れたらまた寝ます。このサイクルを2周したら夕方。ネコは決まった部屋に閉じ込められます。事務所にはところどころ動き感知センサーがあり、夜中にネコがその前を横切ると警報機が鳴り、警備会社が来てしまうからです。

■追加■
 猫は思うように懐いてくれないのが逆に良い、と強がってきましたが、実際懐かれるとたまらないですね。一番可愛い盛りはもう過ぎてしまいましたが、まだまだ尋常ならざるかわいらしさです。
 日本だと猫を抱きながら仕事なんてできないので、それだけでもペルーにいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧