2006年9月 1日 (金)

ネコの一日

 Neko1day1 Neko1day2 Neko1day3

 事務所で飼っている猫(名前はネコ。雄)は、もらってきた当時の子猫から、普通サイズの青年猫に育ちました。

 朝、先に来た人間が部屋から出します。しばらくは彼らの周りをうろちょろしているようです。僕が出勤して来ると、足元へ猛ダッシュしてきたり、階段を登ると全速力で追ってきたりします。どうです、この猫好き垂涎のシチュエーション。

 僕が座ると机に乗ってきて、左手に絡みついて寝始めます。しばらくは右手だけでできるメールチェックなどをしてますが、そのうち文字を打つことになり、手を引き抜きます。諦めたネコは作業する僕の横で寝ています。

 2時間くらい寝ると狩りの時間。興奮状態でいろんなものを追っかけ、疲れたらまた寝ます。このサイクルを2周したら夕方。ネコは決まった部屋に閉じ込められます。事務所にはところどころ動き感知センサーがあり、夜中にネコがその前を横切ると警報機が鳴り、警備会社が来てしまうからです。

■追加■
 猫は思うように懐いてくれないのが逆に良い、と強がってきましたが、実際懐かれるとたまらないですね。一番可愛い盛りはもう過ぎてしまいましたが、まだまだ尋常ならざるかわいらしさです。
 日本だと猫を抱きながら仕事なんてできないので、それだけでもペルーにいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月31日 (木)

西語字幕版「電車男」 下

 Densha7 Densha8 Densha9

 ドラマ「電車男」西語版の翻訳家は、日本のあれやこれやに精通しているようです。

 1枚目、脱ヲタを計りプラモデルを捨てる伊藤淳史。「さよなら、ザク」の台詞に対し、「ガンダムのパーフェクトグレード・ザク」と注釈が入ります。PG…(1/60スケールなので1万円程度します)。

 2枚目、「マチルダさーん」とホリケンが叫ぶシーンも「アムロ・レイの感動的な場面の再現」と抜かりなくフォロー。「オデッサ作戦」には当たり前のように「ガンダムシリーズの有名な戦い」と補足が入っていました。

 他にも興味ある訳がいくつか。
  や、山田でちゅ:C... choi Yamada...(本来ならSoy Yamada.なのですが、緊張して舌足らずになった感じが出ています)
  山田殿:Don Yamada(ドンってこういうニュアンスなのか)
  頑張れ!:¡Ánimo!(辞書に載ってますが)
  バンザーイ:¡Hurra!(これも辞書に載ってますが)
  渋谷:「東京の一地区で流行の店で有名。オタクたちには適さない」といやに正確な解説が入りました。
  貴様は日本男児か!:おまえは日本帝国の息子か!と訳されていました。なるほどです。
  大和魂:「ヤマトの魂」と訳され、ヤマトに対して「日本の古名。または第二次世界大戦時の有名な戦艦。連合国に沈められた」と補足。直前の台詞で帝国が出て来たからその線に絞って訳したんですね。細かい。
  プー:「ディズニーのくまのプーさんから」と注釈が入ったんですが、プータローのプーでした。珍しく誤訳です。

 3枚目の画像は伊東美咲が「萌え?」と尋ねてるシーン。これが一番興味あったんですが、「¿Mola?」と訳されてました。molarは「気に入る」って動詞なので、大意は合ってるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

西語字幕版「電車男」 中

 Densha4 Densha5 Densha6

 西語版「電車男」のDVD、燃え上がる翻訳家魂が垣間見られます。

 1枚目、劇団ひとりの同人誌「足首姫」の立て看が余すところなく翻訳されています。

 2枚目、伊藤淳史の部屋の張り紙を徹底的に翻訳。微妙におかしいのもありますが、8割方訳しきっています。

 3枚目、怒濤の書き込みを丁寧に拾って字幕化。「キター」は“Ya'stá.”と訳されてます。“Ya está.”(既に在る)の略だろうからばっちりあってると思います。

 同シーン、「グッジョブ」が“GUD YOB”訳されています。GUDもYOBも西語に無い単語。YOはジョと発音しますから、音を写しただけっぽい。英語が日本語化された言い回しだけに、さすがに訳せなかったか…と思いましたが、念のため検索してみたら何件かヒット。“=Buen trabajo”(良い仕事)と補足されてるのもあったので、わかる人にはわかる訳のようです。

■追加■
 全部見終えて、おまえがGud Yobやがな、と感心しました。対象への愛を感じる素敵DVD。これだけクオリティの高い海賊版を作ってくれたら、ドラマの制作スタッフも本望だと思うけど…、って海賊版はまずいですね、やっぱ。ニーズはないわけではないけど、正規版を出そうにも、誰も買わないから無理なんだろなぁ。海賊版は儲かったんでしょうか。気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

西語字幕版「電車男」 上

 Densha1 Densha2 Densha3_1

 ドラマ版「電車男」のDVDを貸してもらいました。西語字幕付きなんですが、これが非常によくできています。レーベルが無地で海賊版にしか見えないんですが、それはそれとして。

 エンディングテーマ。歌詞の内容の西語訳だけでなく、日本語とローマ字で歌詞が表示され、音楽に合わせカラオケのように文字の色が変わっていきます(1枚目)。シンクロのタイミングは完璧。そしてそれは劇中歌のアニソンでも表示されます(2枚目)。こんなのまで訳さなくていいのに。

 訳自体も気合いが入っています。小栗旬が、暇を持て余すスレ住人たちのためにAIのニワトリを設置するシーン。住人の軍事オタクが「戦闘」と入力したところ、「いい湯だな~あははん」とニワトリがリアクション。「銭湯じゃねぇよ!」と突っ込みが入るんですが、字幕はちゃんと「俺が言ったのはLuchaだ(闘争。ルチャリブレのルチャ)。Ducha(シャワー)じゃねぇ!」となっています(3枚目)。柳瀬尚紀みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

携帯電話の国際ローミング

 テレフォニカ社はモビスタールというブランドを使い、スペインとラテンアメリカ全域で携帯電話事業を展開しています。2G(第2世代)ではGSMという規格、3Gではauと同じCDMA2000を採用しています。

 eメールの送信もできますが、受信はできません。結果SMS(ショートメッセージ)が中心になるのですが、世界中のGSM携帯に送信できるそうです。2Gではハブになっていた日本の携帯(ローカル規格PDCを使用)も、3Gになって国際SMSに対応しました。FOMAの場合、1通50円でペルーの携帯にメールできます。ただ、値段が馬鹿高いだけでなく、こちらの端末に日本語フォントが入っていないという罠が。

 日本から国際ローミング対応の端末を持ってきてもいいのですが、ローミングには「通話のみ可能」「eメール・ネットも可能」の2段階あって、ペルーはどのキャリアも通話のみの対応です。だったら今んとこ現地の端末で十分かなと思います。

■追加■
 ローミングの程度が2段階あるのは、海外のローミング相手が3Gネットワークを持ってる場合と、そうでない場合があるためみたいです。
 韓国なんかは3Gのネットワークがあるため、そのネットワークを借りて3Gの機能がそのまま使えるみたいで、eメールもネットもOK。一方ペルーの場合、2GであるGSM網を使わせてくれるだけなので、音声のみのローミングになります。SMSもローミングできてよさそうなんですが、HP見てもその辺がよくわかりませんでした。
 今年5月のニュースによると、DoCoMoは2年以内にすべての端末をGSM対応にするそうです。また、これまでauはペルーにはローミングしてなかったんですが、今年8/3からGSMでローミングするようになりました。海外の相手が3Gに対応するまで待ってられないってことなんでしょうか。なんにせよ悪くない話です。
 DoCoMoは2Gのmovaでもeメールできました。Telefonicaもeメールの送信はできんだから、あとは受信用の仕組みを作ってくれれば助かります。まぁSMS網が発達してるから今更要らないんでしょうね。残念。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

携帯電話のメール

 Keitaimail1_1 Keitaimail2

 携帯のメールはSMS(Short Message Service)がメイン。半角で160字送れます。MMS(Multimedia Messaging Service)って方を選ぶと5000字までOKになり、動画も貼り付けられるんですが、対応端末のユーザーが周りにいないため未使用です。

 入力は西語か英語かを選択できます。西語にするとアセント付きの文字(áéíóú)が入力できます。例えば「2」のキーを押し続けると、a→b→c→2→áと順に出ます。メニューをたどれば顔文字や定型文を挿入することができます。全角文字が無いため顔文字はスマイリー(「:-)」「:-D」)だけですが。

 入力方式では「T9」も選べます。子音だけ打っていき、候補を選ぶアレです。キータッチ数も綴りの間違いも減るんですが、ローマ字で日本語を打つときがあるのでオフにしてます。

 インターネットからの受信ができないので、迷惑メールは来ません。でもテレフォニカ社からプロモーションのメールが来ます。こんなの日本でやったらどれだけ叩かれることか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

携帯電話

 Keitai1 Keitai2

 ペルーに来てすぐに買ったのが携帯電話。何社かある中から一番メジャーだと勧められたテレフォニカ社(スペインの会社)の端末を購入。メーカーは憧れのノキアです。手続きは簡単で、パスポートを見せるだけ。高いのを持ってると危ないんですが、ついつい最新のに手を出してしまいました。

 通話料の支払いはプリペイドで、固定費はありません。観光ビザのせいか、後払い契約はできませんでした。雑貨屋等でスクラッチカードを買い、そこにある番号を入力して使います。

 僕の持ってる「Nokia 6255」はカラー液晶にカメラ付き。動画も撮れます。ネットも見ることができて、URL直打ちのほか、公式サイトもあります。数年前、DoCoMoがテレフォニカ社にiモードをライセンス供与したニュースを見ましたが、まさか自分が使うことになるとは思いませんでした。

 ゲームも入ってて、銀行で順番待ちしてるときなどピンボールをしています。裏蓋にはブラジル製と書いてありました。

■追加■
 Nokia、フィンランドの会社ってあたりがトキメキますよね。クールなイメージっていうか、それはフィンランドが寒いから?っていうか。
 ペルーだけでなく、グアテマラでもドミニカでも携帯持ってる人たくさん見かけました。ただ、まだまだ金持ちや若者しか持ってないような気もします。
 HDD携帯ってもう日本でも市販されてたんですね。知らなかった…。東芝のHPをなめるように読みましたが、めちゃくちゃ物欲をそそりますね。確かに、フラッシュメモリの大容量化が進むこのご時世に逆行してる観はありますが、元MicroDriveユーザーとしては手にしてみたい端末ですわ。Bluetoothも魅力的だし。W-ZERO 3も素敵ですね。元PocketPCユーザーとしては買わざるをえなさそう。でもおサイフケータイ機能は欠かせないし、だからといって2台持つのは嫌だし。帰国するまでに全部載せケータイが出ることを祈ってます。

■追加2■
 携帯購入時のレシートを発見。'05年8月当時でUS$307.38もかかっています。どおりでしばらくの間他の人が持ってるの見たことなかったわけや。ペルーの物価がわかった今なら買わない値段です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月18日 (金)

ポータブルテレビ(ラテカセ)

 Ratekase

 ワンセグ携帯ってどうなんでしょう。移動時に細切れで視聴する場合、リアルタイムの放送は見ないような気がします。録画した番組の方が途中で止めたりできて便利かなぁって。

 ただ、スポーツ中継なんかはリアルタイムで見たいし、車載テレビの場合、コンテンツ持ち込んでまで真剣に見ちゃいけないから、それらの映りが良くなるのはありがたいですね。ケチ付けつつも結局ワンセグ対応機器を選んじゃう気がします。

 画像はテレビ付きCDラジカセです(中国製)。W杯用に事務所に導入され、こんな便利な機械があったのかと驚いたんですが、ラジカセならぬ「ラテカセ」って名で日本でも売ってたんですね(7・80年代のことなのでCD付きは多分無いですが)。

 電波の入りが悪いのと、白黒かつ小型でボールがよく見えないため、もっぱら中継の音声を聞くのに使っていました。しかし、マンションの門番や郵便局の窓口など待機の多い人たちに人気があるらしく、似た機械をその後各所で目にしています。

■追加■
 あんまり嵩張らないですし、白黒ってことを除けば、電波次第でけっこう綺麗に映るんですよ、これ。あとはVCDの再生機能が付いていれば感激だったんですけど。画面の大きさからしてVCDの画質で十分なんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月16日 (水)

HDD/DVDレコーダー

 リモコンの登場で僕らはテレビをザッピングするようになりました。同じ様に、HDDレコーダーも視聴態度を変えます。

 僕はずっと、SonyのCoCoonってHDDレコーダーを使っています(今も時々ネット経由で遠隔録画しています)。気になる番組を手軽に録画できるので、テレビ番組の総視聴時間が増えました。また、貯め込んだ番組を優先して見るため、リアルタイムの番組を見なくなります。

 さらに、リアルタイムで見ているときも、機械が裏で自動録画する安心感から、見方が散漫になります。電話がかかってきたら一時停止ボタンを押すし、他のことに気を取られたら巻き戻して見直します。おかげで、こっちでテレビ見てる時も油断しまくり。「何?」とリモコンに手を伸ばし、「あ、巻き戻しできないんだ」とがっかりします。

 海外生活者には、DVDレコーダーの方が恩恵が強いのかもしれません。一昨日実家から録画済みのDVD-Rが届きました。ビデオテープと違って送料が安く済むのがありがたいです。

■追加■
 ビデオテープはかさばるんで、HDDやDVDの登場はありがたいです。今普通のビデオデッキって売れてるんですかね。一人暮らしに大人気だったテレビデオってまだあるのかなぁ。
 僕はダビング用にデッキを2台持ってましたが、4年前にヤフオクで売り逃げしました。ただ、今思えば1台くらい残しといた方がよかったかなって。DVD化されてない映画ってけっこうあるみたいだし。
 レコード会社のデモテープって、演歌でもないのになんでカセットテープなんだろって不思議でした。あれはコピー対策って面があるそうです。DVDではなくVHSがまだ活躍してるらしいし、MDも大活躍だとか。
 ここ1年以上1回もMDってもの目にしてなかったから、真剣に存在を忘れてました。日本でしか売れてないって聞いてましたが、ラテンアメリカではほんと見かけないです。MDにダビングするより海賊版CD買った方が早いんでしょうね。
 そういえば、発売前の曲がネットに落ちてるのを見たことあるけど、あれってデモCDからコピーしたんだろうな。ひどい話です。

■追加2■
 遠隔視聴(保存ができないのでDLとは違う)ってのが、ソニーの「ローケーションフリー」があればできるんですが、ペルーだと回線が遅いから断念。
 モバイルの通信速度がまだ遅いからか、あまり真剣に売ろうとしてる雰囲気がないですが、そうこうしてるうちに外国産の対抗馬が登場しました。「Slingbox」ってやつ。
 ロケーションフリーもSlingboxも同時には1台からしか見られない。だから著作権は侵してないよ、って理屈らしいです。保存ができないのも著作権対策っぽい。保存できた方が電波が届かないとこでも見られるから便利なんですが。

■追加3■
 一時、HDDレコーダーの禁断症状がバッチリ出てました。一番重い時は、映画館で「トイレ行くから一時停止できないかな」と思いました。
 Gコードの掲載って使用料がかかるそうですね。それだと今後掲載しなくなる媒体が出てきそう。最大のユーザーは新聞社だろうけど、どこが最後まで残すんだろう。確か地上デジタルに対応したGコードを開発してたけど、あんまり採用したメーカー無いっぽい。アナログ放送が終わるまでの寿命ではないかと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

ビデオ・ポッドキャスト

 回線が遅いのでVideo Podcastはあまり登録していません。MTVのゲーム紹介番組くらい。Xbox360のデモで目の保養をしています。カクテルの作り方を紹介する「カクテルティービー」も楽しかったのですが、半年近く更新されてないのが残念。

 これまたiTMSが充実してきてて、いつの間にやら東大の公開講座なんてのが配信されてました。第1回はノーベル賞の小柴教授。飛び道具ですね。学習向けでは他に、音声のみですが「ガチャピン&ムックの中国語教室」の続きが楽しみです。

 米国版iTMSではドラマが買えます。早く日本のドラマも販売してほしいです。新しい連ドラなら一応BitTorrentで落とせますが、計算したら1話落とすのに丸1日以上かかるので断念。

 ちょっとグレーですが、YouTubeにもお世話になっています。スプーも、加藤浩次の謝罪も、やく対亀田父も見ることができました。NHKの海外放送ではカットされて1度も見られなかったイナバウアーも最近ようやく見ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)