2007年2月14日 (水)

航空券の不思議な値段

 Avion

 先月、いつも世話になっているリマの旅行会社から宣伝のメールが届きました。リマからチリのサンティアゴまでの往復チケットがUS$162.81、リマ⇔ブエノス・アイレスがUS$348.80、リマ⇔サン・パウロがUS$330.65、とたいそう安い。ちょうどビザの更新のため一度国外へ出ないといけなかったので、渡りに船とばかりに窓口へ。ところが、チケット自体は買えるけど、予約がいっぱいで5月まで席がない、とカウンターの女性。

 仕方なく、他の会社のサンティアゴ行きの値段を調べてもらったら、US$250くらいで見付かりました。しかしこれ、ブエノス・アイレス経由のチケット。リマからサンティアゴは3時間半で行けます。ブエノス・アイレスまでは4時間以上かかるはず。なんちゅう回り道。あ、待てよ。

「それブエノス・アイレス直行のより安いですね。アルゼンチンで降りてしまうことはできますか?」
 この際だから焼肉でも食って帰ってこよう。
「いいえ、必ずサンティアゴまで行ってもらいます」
 意味がわからん。

 先週届いたメールでは、リマ⇔サン・パウロがUS$111.69になってました。さすがにこれは購入期限がその週の間というごつい制約が付いてました。それにしても航空券の値段は謎めいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月11日 (日)

橋のたもと

 日本だと橋のたもとで雨をしのぐレゲエの方たちがいらっしゃいますが、リマは雨が降らないのでいません。ただ、バランコに掛かる橋からは、ゴミを分別してる人たちをよく見かけます。バランコ区とミラフローレス区は、中から上流の人が住んでいるそうです。たいてい白人で、彼らはなぜかジョギングが大好き。夕方になると、両区をまたぐ橋の上を白人がジョギングし、同じ橋の下でモンゴロイドがゴミを漁るわけです。

 中華料理屋で晩御飯を食べていたら、物売りの子供が入ってきて、キャンディを売りつけられました。S/.1(38円)渡したら5つくれました。味を占めたのか、僕が食べてるチャーハンを指差し、「お腹空いた」とうるさい。思わず「そのキャンディ食えばいいがな」と答えそうになりました。少しマリーの気持ちがわかった気がします。

 近所の信号を兄弟らしき子供が2人渡っていました。妙なリズムで走っているので目を凝らすと、片方がスニーカーの右側だけ、片方が左側だけを履いて走っていました。新市街で見る子供はたいてい靴履いてるんですけど、足の汚れ方から察するに、彼らは普段から履いてなさそうでした。

 日本であまり縁のない類の光景を目にすると、裕福な日本人に生まれてきたのは僕の手柄じゃないしな、とさいなまれる気持ちと、その反動から来る冷ややかな気持ちが入り交じります。頭に軽くもやがかかり、しばらく晴れなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月10日 (土)

ゴミの出し方

 事務所のあるバランコ区では、平日は毎晩ゴミ回収車が巡回しています。土日と他の地区はどうなってるのか知りません。自宅のあるミラフローレス区では、夜半に回収車を目にします。

 ある晩、事務所を閉めるとき、昼に出した袋が破られ散乱してるのに気付きました。急いでたので明日掃除しようと立ち去りましたが、翌朝出社したらきれいになってました。掃除の人(区で雇われた人が頻繁に道を掃除してる)かゴミ収集の人か、どちらが片してくれたのかわかりませんが、悪いことをしました。

 ふと、近所で子供がゴミ袋からペットボトルを漁っていたのを思い出しました。パトカーが通る度隠れていたので印象に残ってました。ペットボトルがターゲットだと推測できたので、今度はゴミを捨てるとき、ペットボトルだけ分けて置いておきました。夕方には無くなってましたが、袋は無事。

 ようやくマスターしたつもりでいたら、同僚からクレームが。「ゴミは帰るときに出しなさい」「なんで?」「それがcostumbre(習慣)だからだ」。よくわかりませんが、まぁ、明るいうちから外にゴミ出てるのって見た目悪いですしね。この頃、どうせ日本とは違うだろから、とりあえずやりたいようにやってみよう、その反応を見て修正舵を当てよう、と考えがちです。多少西語話せるんだから、先に聞けばいいんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

猫用トイレの砂

 Nekoarena1 Nekoarena2 Nekoarena3

 最初は一番安かった5kgでS/.13.2(498円)の「MITZI」を試しました。よく水を吸うので便利ですが、見た目めっちゃ普通の砂です。袋に100%ナチュラルって書いてます。それってその辺の砂?…。「高級」とも書かれていたので、選び抜かれてるんだと思いますが、わざわざ金出して買うのは悔しい。僕が欲しいのは科学の力で抜群の吸収力を誇るやつです。

 続いてペットショップで買ったのが2kgでS/.14のアルゼンチン製。5リットルって目立つように表示してるのが卑怯かもしれませんが、重けりゃいいわけじゃないのでOKです。

 最後に試したのが、知人に薦められた「KlinKat」。5kgでS/.16.8もしましたが、粒が細かく、見事に吸って固まります。ただ、固まる分減り方が激しいため、ペルー人の同僚に「もったいない」と非難されました。「乾かして再利用できるよう、粒の大きいやつを買いなさい」との指示を受け、今は2番目のに戻っています。まだ再利用はしてませんが、そこそこ吸うわりに減りは少ないです(吸い切れない分多少臭うけど)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

SkypeOutで国際電話しました

 リマにある我が家はADSLの常時接続です。Skypeというソフトで時々日本の知人や家族と音声チャットをしています。音質もいいし、USB接続の受話器(ハンドセット)を持っているので、使用感は電話と変わりません。何より素晴らしいのは通話料が無料な点。

 さっさと日本中で導入してほしいところなんですが、中には携帯があるからとネット自体入れてない人もいます。そこでSkypeから一般電話に通話できるSkypeOutを試してみました。

 まずはSkypeのHPでクレジットを買います。10ユーロ(1,559円)ずつしか購入できないのがかったるかったですが、その後、安いから10ユーロでも十分だと知りました。

・リマ→長野県のAUユーザー
 通話料は1分0.125ユーロ(19円)。ノイズがひどかったけど1時間くらい喋りました。ただ、もう一度やるか?と聞かれたら断るレベルの音質。
・リマ→愛知県のDoCoMoユーザー
 通話料は1分0.125ユーロ(19円)。非常にクリアでした。
・リマ→愛知県のWillcomユーザー
 通話料は1分0.125ユーロ(19円)。そこそこクリアでした。
・リマ→愛知県の固定電話ユーザー
 通話料は1分0.019ユーロ(3円)。時々雑音が混じりました。やはり2度目はないな、って感じです。
・リマ→大阪府の固定電話ユーザー
 通話料は1分0.019ユーロ(3円)。時々雑音が混じりました。

 注意点は各通話には接続料1通話0.039ユーロ(6円)がかかっている点です。結果、各種IP電話サービスの方が安くなるケースがありそうです。

 料金が安い理由は、日本国内にあるゲートウェイまではインターネット経由で通信し、ゲートウェイから先だけ一般回線を使うからだそうです。実際、国際的なサービスなのに、料金表では「どの国へかけるか」しか問題になっていません。ペルーからかけようが、アメリカからかけようが、料金は変わらないわけです。

 従って、途中のネット回線や、ゲートウェイがある場所に通話品質は大きく左右されます。実際、上記は1回目に試したときの結果で、後日もう一度DoCoMoユーザーにかけたら前回より低品質でした。固定電話がある家ならたいていネットもあるわけで、できればSkype同士で話したいところだな、ってのが正直な感想。でも携帯電話しかない人相手だったら、十分使用に耐えると思いました。

 ちなみにリマにかける場合は、固定相手だと1分0.024ユーロ(4円)、携帯相手だと1分0.248ユーロ(39円)です。NTT西日本のひかり電話だと1分55円なので、接続料0.039ユーロ(6円)を入れても十分SkypeOutの方が安いですね(品質はわかりませんが)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

Wikipediaを和西辞典代わりに

 Wikipediaって和西辞典代わりに使えますね、って話です。

 先日広告屋さんから、「素材として受け取った印刷物をスキャンしたら、画像が荒れて使えない」と問い合わせがありました。スキャナーのモアレ除去モードを使えば荒れないはず、と説明したかったんですが、モアレって西語でなんて言うんだ?

 電子辞書や辞書ソフトには載ってませんでした。しばらく悩んで思い出したのがWikipedia。まずは日本語で「モアレ」を引きます。これまで、模様が荒れる⇒模荒れ、だとばかり思ってましたが、フランス語「moiré」から来てたとは…。

 Moire

 で、画面左下にある「他の言語」欄から「Español」をクリック。西語版Wikipediaの「Patrón de moiré」という項目が開きます。まんまって気もしますが、知らないとわからない訳。

 Wikipediaは英語版の方が収録単語が多いので、日本語版に無かったり、日本語の頁に西語版へのリンクがない場合は、諦めずに英語版で検索すると見付かる場合があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

快適辞書ソフト「Babylon 6」

 電子辞書は紙の辞書と比べ桁違いに引きやすいです。でも、文字を打つのすらアンニュイな午後があります。特にパソコンを使ってるときは、全部パソコン上で済ませたいところ。

 オンラインソフトに決定版的な辞書ソフト「PDIC」(試用制限無しのシェアウェア)があります。これと組み合わせる英語の辞書ファイルには、恐ろしく語彙が豊富な「英辞郎」(1,980円)があります。しかし、他の言語用の辞書ファイルはまだまだ登録単語数が少ないです。そこで、7,900円と高価ですが「Babylon 6」というソフトを使っています。

 Babylon1 Babylon2

 西語のホームページを見ている時、知らない単語があったらマウスの真ん中ボタンでクリックします。すぐに英訳がポップアップするので、それで意味がわかれば吉。わからない場合はBabylon上の英訳をクリック。西英辞書の他、英和もインストールしてあるので、今度は和訳が表示されます。

 日本語から西語を知りたい場合は、和英・英西が入れてあるのでそれを活用します。日本語を入力して英語に。さらにクリックして西語を表示させます。

 Babylon3 Babylon4

 バージョン5から6になって良くなったのが、曖昧さを許容する点です。前は「sabado」(“土曜日”のスペルミス)と入れるとそんなの無いよと冷たい返事でした。今は何事もなかったかのように「sábado」の訳が表示されます。これで電子辞書に並びました。といっても、電子辞書はアクセント記号が入力できないためAとÁを同じ文字として処理してるだけっぽいんですが。

 Googleなんかでお馴染みのサジェスト機能も付きました。「sabad」を検索すると、もしかして「sábado」?と聞いてきます。うろ覚えの単語を探すとき、これは非常にありがたいです。

 Babylon5 Babylon6 Babylon7

 これは前からある機能ですが、活用形に対応してるのもありがたい点です。「fui」と入れると原形の「ir」「ser」が表示されます。これくらいメジャーな不規則活用は電子辞書の見出し語にも入ってますが、「como」と入れて原形の「comer」が表示されるのは親切です。まぁ文脈もあるわけだし、規則活用くらいすぐ気付けって叱られると返す言葉はないですが。あと、過去分詞を入れたら原形の意味も表示されます。これも初学者にはありがたい。

 Babylon8 Babylon9

 辞書とは関係ないですが、通貨換算機能も便利です。レートはネット経由で更新されます。Googleに「100ソルを円に」と入れて検索してもいいんですけど、なんとなく快適。バージョン6からの新機能で翻訳もできるようになりました。こちらはまだまだです。

 「Babylon」はイスラエルの会社が作っています。ソフト本体を買ってしまえば、13言語の辞書が無料で使えます。英、独、仏、西、伊、蘭、葡、日、中(繁・簡)、露、スウェーデン語、ヘブライ語です。一つのインターフェイスで多国語が使えるのは快適。言語ごとに辞書ソフトを起動し直すなんて手間過ぎますし。ジーニアス英和大辞典など有料の辞書ファイルもあります。

 ただし、表示されるのはあくまで簡単な英訳だけで、例文は載っていません。動詞の活用表もありません。だから、読むときには便利この上ないツールですが、書くときには電子辞書や紙の辞書が必要になってきます。とはいえ、まだまだ完璧には程遠いですが、少しずつ理想に近付いている気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

多言語対応オンラインソフト

 事務所のスペイン語版WindowsXPに、いくつかオンラインソフトをインストールしました。Office同様西語版を使うと為になるんですが、Excelを西語版にしたせいで明らかに作業効率が落ちたので反省しました。幸い普段使ってるソフトの大半は多言語対応だったので、今は日本語でメニュー表示させて使い、帰国時に西語に設定変更してPCを譲れば問題無しです。

 Paintdotnet Inkscape Irfanview

・フォトレタッチ&ペイントソフト
 海賊版のPhotoshopも売ってますが、うちのパソコンには重いので(倫理的にもまずい)、「Paint.NET」を入れました。インストーラーは1つだけで、途中で日本語を選ぶことができます。使用中に「ヘルプ」→「言語」を選べばいつでもスペイン語に切り替えられます。
 GIMPも試してみました。「GTK+」ってのを先にインストールしないといけなかったんですが、その時に、Current UserをJapaneseに設定。バッチリ日本語メニューで使えました。でも取っ付きが悪く、同僚に使い方教えるのが手間過ぎるのでやめました。

・ドローソフト
 「Inkscape」を導入。フリーで敷居も低い方だと思います。メニュー言語の正式な替え方はわかりません。でも「GTK+」を別途インストールしてたので、その付属ツールで変更できました。

・画像ビューア
 「IrfanView」を入れました。本体と一緒に、日本語と西語のランゲージファイルをダウンロード。「Properties」→「Language」で変更できるようになりました。ただし、メニューを日本語化していても、画像のファイル・パス名に日本語が入っていると開きません。

・ブラウザ
 「Sleipnir 2」を入れています。インストール時に日本語を選べば、あとは全部日本語で済みます。多分僕以外使わないと思いますが、もし他の人が使うならインターフェイスを英語に切り替えることができます。

・エディタ
 シェアウェアの「秀丸エディタ」の英語版を入れました。日本語版の画面を思い出しながら設定しました。
 「EmEditor Free」を試したら、インストーラーからメニューから日本語表示でうっとりしました。フリー版はカスタマイズできませんが、秀丸は4,000円以上するのでこれからエディタ入れる人にはお勧めです。

・辞書ソフト
 シェアウェアの「Babylon 6」を入れました。できるだけフリーで環境を整えたかったんですが、重宝しています。設定画面でメニューの言語を変更できます。

・パスワード管理ソフト
 「ID Manager」を使っています。インストール時に「Program Files」を「Archivos de programa」に変え、さらに、フォントの設定を日本語に変更すれば文字化けが解消されました。

 他に、電子ブックリーダーも試しました。「T-Time」「ブンコビューア」は、インストールはできたけど、ファイルを開くと文字化け。PDFは文字化けなしで読めます。国際規格は違いますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

IMEが変える日本語

 Atok2006

 スペイン語版WindowsXPには、ATOK2006はインストールできませんでした。せっかくCDを送ってもらったのに。2/9に出る新バージョンはダウンロード購入するつもりです。他にもVectorなんかでちょくちょくオンラインソフト買ってます。ペルーにいながらにして新しいソフトを手に入れることができる。便利な世の中です。でもATOK2007の動作環境は各OSの日本語版のみ。ちぇっ。

 ところで、フランス映画に「気狂いピエロ」ってのがありますが、この題名を入力しようとしても、一発では変換できません。ATOK監修委員会ってのが変換候補を選定してるそうなんですが、この人たち、そしてMicrosoftで同じような仕事してる人たちが日本語を大きく左右してる気がします。

 例えば、質問するって意味の「訊く」って昔そんなに見なかった気がします。訊問の訊だから強すぎる印象が個人的にはします。ただ、「聞く」ばっかだと変換し飽きますもんね。候補に別なの出たらそりゃ使いますわな。

 極力書けない漢字は使わないようにしています。でも、憂鬱とか薔薇なんかは平仮名だと見栄えが悪いので、漢字に変換しちゃいます。その時当然辞書は引かないから、これ永遠に自分じゃ書けないままだろうな。

 最近のATOKは、合併した市町村名や商標、ら抜き言葉なんかを指摘してくれます。これさらに進化するとどうなるんでしょうね。「拝啓」って打ったら「直子の代筆」みたいなのが出てきてほとんど全部書いてくれるとか。IMEじゃなくワープロの機能っぽいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 3日 (土)

西語キーボードとユニコード

 Keyboard1 Keyboard2

 ペルーではPS/2がまだまだ主流。ゲーム機じゃなくキーボードの話です。英語では使わない「Ñ」や、疑問文・感嘆文の前に付ける「¿」「¡」のキーがあります。「半角/全角」「変換」キーはありません。

 Ime1 Ime2

 西語版Windows XPの場合、コントロールパネルから日本語IMEを追加できます。確かCD-ROMを要求されます。僕はXPの設定を変更し、Alt+左Shiftを言語の切り替えに割り当てました。さらに、オンラインソフト「IME Start」をインストールし、右CtrlキーでIMEをOn/Offできるようにしました。これでだいぶ快適です。IME Startは文字化けの嵐でしたが、日本語環境下での画面を思い出しつつ操作しました。

 どこか設定がおかしいのかもしれませんが、日本語IMEで入力するとき、キートップの表示と入力される文字にズレがあって困ります。例えば「8」のキーには「(」が印字されてますが、Shift+8で出るのは「*」です。今のところ指でズレを憶えるしかないと諦めてます。キートップが全部液晶になってるキーボードが発売されるまでの辛抱ですね。

 ファイル名に日本語やスペイン語特有の文字を使うと、エクスプローラーでは問題ないんですが、アプリケーションによってはファイルが開けなかったりします。事務所には西語XPと日語XPがあるので、他の人が使う可能性のあるファイルの名前は英文用アルファベットのみ使っています。

 Outlook Expressは、「Formato」→「Codificación」でUnicordを選べば、和文とスペイン語ちゃんぽんのメールが送れます(JaponésやEuropeo occidentalのままだと化ける)。WordやExcelなんかはなんの切り替えもなく混在が可能です。昔は文字化けを避けるためmañanaをmanianaにしたり、本文をWordで打って添付してましたが、ずいぶんと簡単になりました。

 何気にココログもmixiもUnicord対応。おかげで上のように混ぜこぜで書けます。Unicordは収録できていない文字がたくさんあったり、異体字を一つにまとめちゃったりと、問題があるみたいです。でもとりあえず便利で助かってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)